台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
澎湖の地質と地形

澎湖の地質や地形には、
きわめて興味深いものがあり、
あなたがここに来て、実際に見て探索する価値があります。
皆さんとともにこの貴重な自然の資産を保護して、この公園を
国際的な資質公園にして行きましょう。

火山熔岩群島
澎湖群島(Pescadores)は台湾で唯一、火山熔岩-玄武岩から形成された島であり県である。群島の地質や地形は台湾本島と大きく異なり、「玄武岩の里」と呼ばれています。澎湖玄武岩は体積・面積ともに大きく、節理が非常に豊かで多様に発達していて、まさに隠れた澎湖の宝と言えるものであり、力を合わせて世界に紹介していきたいものです。
■地理的位置
澎湖群島の面積は約127平方キロで、台湾海峡の中央部よりやや南に位置し、大小百近い島々が、南北60キロ、東西40キロほどの海域に点在していて、台湾と中国の東海と南海とを分ける天然の境界の役割をしており、その地理的位置はきわめて重要です。
■地史
澎湖群島の玄武岩は熔岩が幾度も地底から地表に湧出しては冷却したものであり、その誕生は約1740万年前(望安天台山)から820万年前(東嶼坪)の間と見られています。
■地層
露出した地表の熔岩は2つから4つの層で、地質年代は第三紀中新世の中期から晩期に属しており、こうした地層は漁翁島(西嶼)においてもっとも鮮明であることから、「漁翁島層」あるいは「澎湖層」と呼ばれています。
玄武岩ミニ知識
■組成鉱物
玄武岩は黒い色をした堅い岩石で、地表にもっとも広く分布している火成岩の一つであり、台湾でも各地に見られますが、最も分布密度が濃いのが澎湖群島(花嶼を除く)で、その主要な結晶成分は斜長石、輝石および少量の橄欖岩を含んでいます。

1玄武岩の特徴
■玄武岩種類�岩石の外形
玄武岩の表面は黒から灰色までいろいろで、熔岩が地表に現れたとき空気や水蒸気を含むと、冷却後気孔を形成します。
物理的外観からの分類:肉眼で直接観察しての簡単な分類:
1.緻密状玄武岩—気孔なし(たまに地殼付近の橄欖岩を含む)。
2.多孔状玄武岩—気孔あり(著名な澎湖文石はこの岩石中に存在します)。
2玄武岩の特徴
■玄武岩種類�岩石の組成
玄武岩は岩石を構成する鉱物の成分によって表面の色も異なり、鉱物の成分によりアルカリ性玄武岩と硅質玄武岩(ソレアイト:ケイ素に富む玄武岩)に分けられます。
1.ソレアイト—色は薄く、岩柱は粗い (澎湖で普遍的な玄武岩)。
2.アルカリ性玄武岩—色は黒く、岩柱は細かい(澎湖東海・七美などの離島)。

3玄武岩の特徴
■地形
玄武岩は地球上の火山熔岩のなかで粘度が小さいほうの火山岩に類していて、熔岩が地表で冷却されると平坦な台地を形成することが多く、各島にみられます。

4玄武岩の特徴
■岩石節理
玄武岩の熔岩は冷却後、多様な柱状あるいは板状の節理構造を形成しますが、この節理構造は玄武岩の取り分け重要な特徴の一つです。


地質構造
■節理
玄武岩の熔岩は冷却時に、岩体が中心に向かって収縮するために張力をもち、柱状の裂け目を形成しますが、この割れ目を節理と呼んでいます(節理平面および側面図.1.2参照)。
■柱状節理の種類
澎湖玄武岩によく見られる節理は柱状、切片状、板状そして不規則状です。
1.岩柱が垂直な裂け目をもっている場合「柱状節理」と言います。
2. 岩石が水平な裂け目を持っている場合、「板状節理あるいは裂理」と言います。
3.熔岩が冷却後に薄い切片状に裂けている場合、「切片状節理」と言います。
4.熔岩が冷却後に外部からの圧力を受けて不規則な形状に歪んでいる場合、「不規則状節理」と言います。
■柱状節理形成の原因と組成
澎湖玄武岩柱状節理の形態は熔岩流出の位置によって決まります。(11形成図参照)。その形態は以下の通り:
1.倒れて伏す形の柱状節理—熔岩が地底深い火山頚部より下方に滞留した場合。形成図A参照。
2.湾曲柱状節理—熔岩が地底浅い火口下方の火山頚部付近に滞留した場合。形成図B参照。
3.火口—火山熔岩の出口。形成図C参照。
4.直立柱状節理—熔岩が平坦な場所に流れ出た場合。形成図D参照。
5.傾斜柱状節理—熔岩が傾斜地に流れ出た場合。形成図E参照。


澎湖群島主要地形景観
■地形特徴
◎概述
澎湖群島は長年にわたり、波浪・季節風・海流による侵食作用や運搬、堆積作用によって特徴的な地形が形成されて来ており、地勢は南高北低で、延々と海岸線が続き、海岸線の長さは320キロに達していて、(単位面積あたりの長さでは台湾本島の120倍)台湾一を誇ります。
◎海岸線の種類
延々と続く海岸線や高くそびえる雄々しい柱状玄武岩は、大自然の洗礼を受けて様々に異なった溶岩の風貌を作り出し、以下に述べる三つの海岸風景を作り出してきました。
1.海蝕断崖あるいは砕石錐崖(岩が崩れて錐状なっている)海岸
2.海蝕された平らな台地あるいは珊瑚礁の海岸
3.砂浜あるいは石浜の海岸
この多彩な奇景を目にする時、私たちは造物主のなせる奇妙な業に感嘆の声を上げざるを得ません!

■海蝕地形
澎湖は周囲を海に囲まれた群島で、各島は波浪・干満・海流などに不断に侵食を受け、海蝕崖・海蝕凹壁(凹面に侵食された壁ocean-erosion concaved wall)・海蝕平台(ocean-erosion platform)・海蝕溝・海蝕洞・海蝕拱門(岩がアーチ型に残った)・海蝕柱(stack)・壷穴(地面に開いた壷のような穴ocean-erosion pot hole)といった特色ある海蝕地形を生み出して来ました。

■火山地形
群島の熔岩は大部分、地底の玄武岩のマグマが浅い海あるいは陸の亀裂から湧出して形成されており、(いる。)こうした火山作用は、熔岩台地の方山地形、火口弓状地、舌状・縄状熔岩流、岩脈といった地形を生みだしました。

■海積地形
海流・波浪・潮の干満が海岸を浸食し続け、侵食後崩壊した岩屑や砂礫が適当な場所に運搬されて堆積したのが海積地形で、(ある。)砂州・砂岬(砂が堆積して海に突き出た部分がある地形)・浜(砂浜・石浜)・陸続きの島などが代表的。

■風化作用による地形景観
玄武岩が風化作用を受けて造成された地形の景観も多彩で、その代表的なものは、:
1.球状風化:風化作用をうけて柱状玄武岩節理面の角が剥落して円柱状あるいは球状となったもの。
2.蜂の巣状(俗称「猫公石」):玄武岩がさまざまな程度の風化を受け、また雨水・波浪・生物などによる侵食を経て、蜂の巣状の外形をなしたもの。
3.風化紋:玄武岩の表面あるいは節理面が風化を受けて、石に含まれる鉄分が酸化作用で錆びて帯状に花紋を形成し、いわゆる風化紋と言われています。

■特殊地形
1.風蝕地形:玄武岩が砂礫を含む強風にさらされ続け、玄武岩の岩面に鑿で刻んだような溝が無数にできたもの。
2.風積地形:風力で運搬された堆積作用で形成された地形。砂丘など。
3.流水侵食地形:降雨・浸食後造成された溝だらけの悪地。
4.人造石滬:澎湖の先人がかつて魚を追い込むために潮間帯に築いたさまざまな形状の石壁。

■その他の地質構造
1.断層:岩層が張力あるいは圧力の作用により断裂し、岩層が上下あるいは左右に移動したものを断層と言います。七美牛母坪断崖の断層が最も顕著な代表例。
2.褶曲:岩層が圧力を受けながら推されて、傾斜あるいは波浪状に湾曲したものを「褶曲(drag fold)」と言います。澎湖でもっとも著名な褶曲は七美龍埕海蝕平台および牛母坪海崖。

■澎湖玄武岩自然保留区
◎玄武岩自然保留区
1992年農業委員会は文化資産保存法に基づいて、澎湖の小白沙嶼・鶏善嶼・錠鉤嶼を「澎湖玄武岩自然保留区」として公示しました。この三つの島の海域は漁業資源が豊かで、人による干渉を受けないので、蒼燕鷗(エリグロアジサシ)・白眉燕鷗(マミジロアジサシ)および紅燕鷗(ベニアジサシ)といった保護鳥類のパラダイスとなっています。(いる。)
◎小白沙嶼(ショウハクサショ)
本島南部には、広大な白い砂浜があり、全島に柱状節理が発達し、造型特殊な塔状および湾曲状玄武岩がひかえていて、(る。)平台上には岩脈および火口弓状地があります。夏季にはエリグロアジサシなどアジサシの繁殖地となります。
◎錠鉤嶼(ジョウコウショ)
本島の起伏は大きく、柱状玄武岩が波浪の侵食を受けて多彩な変化を見せて、(いる。)海蝕柱が群れをなして発達した様は壮観です。断崖に囲まれているため、夏季にはマミジロアジサシなどアジサシの繁殖地となります。
◎鶏善嶼(ケイゼンショ)
大小二つの島が連なっていて、海中から垂直にそそり立つ柱状玄武岩が、いろいろな背格好で並んでいるのは見事な景観です。夏季にはベニアジサシが主に訪れます。


澎湖群島図


写真説明
《七美龍埕の多様の地形俯瞰》
《澎湖でもっとも若い島—東嶼坪》
《西嶼内垵地層》
《澎湖でもっとも古いといわれる玄武岩地層—望安天台山》
《斜長石》
《輝石》
《かんらん石》
《黒くて硬い柱状玄武岩—鳥嶼》
《節理がはっきりした緻密状玄武岩—内垵》
《多孔状玄武岩の隙間にある澎湖文石》
《ソレアイト—桶盤嶼》
《ソレアイト—東吉島》
《ソレアイト—気孔柱を含む》
《かんらん石を含むアルカリ玄武岩—錠鉤嶼》
《黒いアルカリ玄武岩—西吉嶼》
《方山地形—四角嶼》
《水平部分は板状節理、垂直部分は柱状節理—七美西北湾》
《柱状節理—西嶼池西》
《柱状節理平面—員貝嶼》
《柱状節理側面—西吉嶼》
《柱状節理側面》
《柱状節理平面》
《直立柱状節理—西吉嶼》
《直立柱状と板状節理—西嶼池西》
《切片状節理—望安天台山》
《不規則柱状節理—西吉嶼》
《湾曲柱状節理—七美西北湾》
《形態A—倒臥柱状節理—金嶼》
《形態B—湾曲柱状節理—火山頚—員貝嶼》
《形態C—火口—桶盤嶼》
《形態D—垂直柱状—鶏善嶼》
《形態E—傾斜柱状節理—七美魚月鯉湾》
《形態E—傾斜柱状節理—員貝嶼》
玄武岩柱状節理形成図
注:澎湖の玄武岩柱状節理の種類は、熔岩流出後冷却された場所で決まる
(写真/文 国立自然科学博物館 荘文星)

《延々と連なる海岸線—澎湖本島東北岸》
《海蝕断崖の海岸—西嶼池西》
《海藻類に満ちた潮間帯—中屯嶼》
《砂浜海岸—馬公時裡》
《石浜—鶏善嶼》
《海蝕断崖—西嶼大池》
《海蝕凹壁—小門嶼》
《海蝕平台—七美龍埕褶曲構造》
《海蝕溝—目斗嶼》
《海蝕洞—七美東崁》
《海蝕洞—東吉嶼》
《海蝕拱門(アーチ型の門)—東坪嶼鞍部》
《壷穴—七美龍埕》
《海蝕柱—南鉄砧嶼》
《火山口噴火遺跡—西衛》
《熔岩が縄状に残る—金嶼》
《岩脈—赤嶼》
《砂州の島—険礁嶼》
《沙尾—吉貝嶼》
《船帆嶼》
《砂浜—馬公山水》
《玄武岩風化後円柱状に—桶盤嶼》
《球状風化—鳥嶼》
《猫公石—桶盤嶼》
《風化紋—姑婆嶼》
《猫公石—桶盤嶼》
《七美—双心石滬》
《風により堆積した砂丘地形—白公嶼》
《風蝕地形—馬公山水》
《雨水の浸食による悪地—七美》
《正断層図》
《七美牛母坪断崖下の断層》
《褶曲構造図》
《七美牛母坪断崖下の褶曲》
《小白沙嶼》
《錠鉤嶼》
《鶏善嶼》
《吉貝嶼》
《北寮奎壁山》
《小門嶼》
《桶盤嶼》
《望安島》
《七美嶼》



玄武岩熔岩
沈積岩
節理(青色)
地表
等温線(赤色)
囲岩
縄状
岩脈
砂丘
砂礫堆積
褶曲
岩脈
澎湖群島位置図
澎湖群島地質公園の最初の予定地
海蝕断崖
海蝕凹壁
海蝕洞
ビーチ
海蝕台
海蝕拱門(アーチ型門)
海蝕柱
海成段階地(marine terrace)

澎湖地区干満時間表
三角形頂点が満潮、左右の隅が干潮
時間
旧暦
初一
十六
初二
十七
初三
十八
初四
十九
初五
廿
初六
廿一
初七
廿二
初八
廿三
初九
廿四

廿五
十一
廿六
十二
廿七
十三
廿八
十四
廿九
十五

潮別
大潮
中潮
小潮
長潮
大潮

交通部観光局澎湖国家風景区管理処
澎湖県馬公市光華里171号
tel:(06)921-6521
HOT LINE:(06)921-6600
HP:www.penghu-nsa.gov.tw

◆インフォメーションサービス◆
.澎湖ビジターセンター TEL:(06)921-6445 (06)921-6521轉251
.澎湖観光産業発展センター TEL:(06)921-8692
.南海ビジターセンター  TEL:(06)926-4738
.北海ビジターセンター  TEL:(06)993-3082
.後寮ビジターセンター  TEL:(06)993-3437
.漁翁島ビジターセンター  TEL:(06)998-2916
.小門地質展示センター  TEL:(06)998-2988
.吉貝ビジターセンター  TEL:(06)991-1487
.澎湖望安アオウミガメ観光保育センター TEL:(06)999-1368

紅色的是我添加的部分而這樣的部分是不要的部分
文字
片名:灑落在台灣海峽的美麗珠串─澎湖地質的奧秘   台湾海峡に散りばめられた鏤められた美しい真珠のネックレス数珠ーー澎湖地質の秘密奥秘OS:千百萬年來、地球的奧秘凝結在這珠串般的群島上它是炙熱地火與拍岸浪潮所留下的風采經過風與浪千百萬年來的試煉鬼斧神工在此具體呈現…澎湖紀錄著地球歷史驚心動魄的一頁現在讓我們一起穿越時空走進地球的歷史體驗一趟澎湖地質之旅OS:千百万年前に来、地球の内奥の秘密が奥秘の結晶した美しいネックレスの様に連なって数珠のような群島海上に現れ出ました。そして、灼熱のマグマと岸を打つ波が作り上げたその元々の形は、更に、風と波による千百万年もの浸蝕作用を受けて、まるで神様が自らの手によって刻んだかのような今の美しい姿が出来上がったのです。澎湖の地に刻まれている記録は地球の歴史を留めている感動的な1ページですそれは灼熱のマグマと岸を打つ波によって留められた姿が風と波の千百万年来の試練を経て神技による具体的な表現となったもので、澎湖は地球の歴史を感動的に記録する一ページであります。これからご一緒に時空を超えて地球の歴史に分け入り澎湖の地質の旅を体験いたしましょう。
OS:盤古開天以來,炙熱的熔岩多次從地底裂隙湧出。這些來自地底深層的融岩,遇到海水、空氣冷卻後形成了台地,像是浮在海面的餅乾盒一般,因此被稱為方山地形,澎湖群島就此誕生。從空中鳥瞰,由近百座大小不一的島嶼所組成的澎湖群島,猶如灑落在臺灣海峽的美麗珠串,擁有豐富的海洋資源與地質景觀,每一座島嶼都有獨特的風情。OS:天地が創造されてから天地開闢以来、灼熱の溶岩が何度も地底の隙間から噴き出ました。澎湖地区に於いてはこれらこれらは地底の深い層にあったマグマがのマグマが、海水に触れ流れ、また、空気によりが冷却されて台地を形成しましたが、して台地を形成し、海面に浮かぶ菓子箱に似ているので、方山地形と呼ばれています。、このようにしてここに澎湖諸島が誕生しました。空中から見下ろすと、大小百近い島から構成される澎湖諸島が、台湾海峡の美しい真珠数珠のように散りばめられていて鏤められ、豊富な海洋資源と地質景観を持ち、どの島も独特の風情があります。
穿越時空看澎湖OS:大地的脈動在澎湖不經意的留下了令人讚歎的軌跡……..它是地底融岩湧出的傑作………..是浪花拍打出作品……………..也是勁風劃下的痕跡這些鬼斧神工的創作雕塑出澎湖群島多采多姿的容顏時空を超えて澎湖を見るOS:台地の脈動は意図せずに、澎湖に賛嘆すべき軌跡を自然に残しました。それは地底から噴き出たマグマの傑作であり波に洗われた作品であり、強風が描いた痕跡でもあります。これらの神の手に依るかの技のような創作は澎湖諸島の多彩な姿を創り上げました。1. 火山地形1.火山地形玄武岩,是構成澎湖群島主要的地質,也是千萬年前澎湖火山熔岩的見證。大約在1700~800萬年前,炙熱的玄武岩漿由地表裂隙湧出,與海水、空氣接觸後快速的冷卻,冷卻收縮的張力作用,使岩體龜裂成五角或六角柱狀的節理景觀。風櫃洞海岸上分佈著高高低低的多角型玄武岩,就是這樣形成的。玄武岩は、澎湖諸島を構成する主要な地質で、千万年前の澎湖の火山溶岩の証でもあります。約1700~800万年前に、灼熱の玄武岩マグマが地表の裂目から噴出して、海水、空気に接触した後に冷却し、冷却収縮の張力作用で、岩は亀裂して五角柱或いは六角柱の節理を生み出しました。風櫃洞海岸には高いのや低い多角形の玄武岩が分布しておりますが、それらはこのようにして形成されたのです。OS:在澎湖,你會發現同樣是玄武岩,還是有許多相異其趣的地方,有的筆直拔天,有的彎曲如長髮…,這些奇特的地形是如何形成的呢?這裡是桶盤嶼,一整排高約20公尺的玄武岩石柱群,直叫人驚嘆大地的力與美。這片力拔山河的石柱群就是當年熔岩湧出地表,在泛流的過程中,岩體因冷卻收縮的張力、龜裂而產生這整排高大筆直的柱狀玄武岩地形。OS:澎湖では、同じ玄武岩でも多くの異なった趣のあるところが見かけられます。筆を立てたかのように切り立って高く聳えるものや、天を突く筆の形、長髪がうねるような形、これらの特有の奇特な地形はどのようにして形成されたのでしょうか?ここは桶盤嶼です。約20メートルの玄武岩の石柱が、ずらりとの群れがずらっと並んでいて、見る人を驚かさずには置かない迫力と美しさがあります。驚嘆すべき大地の力と美を示しています。非常に力強い石柱の群れは、当時、毎年溶岩が地表へ噴出して流れる過程で、冷却し収縮する張力により、亀裂して一群の高大な筆のような柱状の玄武岩地形となりました。OS:除了上下垂直的節理外,熔岩流因為冷卻溫度、位置與地形的變化,形成水平、傾斜、或彎曲的不同節理。因此有的如少女的裙襬、有的像岩瀑流洩般畫出柔美線條、有的以放射狀般姿態的昂首穹蒼、甚至在海浪的侵蝕下造化出一頭俯臥海岸的獅子。大自然的姿態,在澎湖海岸,精彩呈現,叫人吱吱稱奇。OS:上下垂直に聳えるの節理の他に、溶岩が流れる時に、冷却温度、位置、地形等が変化した為に、水平状になったり、傾斜したり、湾曲したりしている異なった節理が生じました。流れた溶岩が冷却して、位置と地形が変化し、水平、傾斜、或いは彎曲した異なる節理を生みました。そこで、少女のスカートのようなものや、溶岩が流れ出てやわらかいラインを描いたもの、放射状の形に首をもたげて空へ聳えているもの、また波に侵食され、一頭のライオンのように海岸に臥すものもあります。大自然の姿は、澎湖の海岸で、異彩を放っていて、見る人を感動させてくれます。素晴しい形を見せてくれ感嘆するばかりです。OS:而像是一圈圈同心圓的地質景觀,就是當年火山噴湧口的遺跡。最著名的就是桶盤嶼的「蓮花座」,在潮來潮往間,彷彿紀錄著這驚心動魄的一刻。OS:丸い同心円のような地形景観は、当時火山が噴出した火口の跡遺跡です。一番有名なのは桶盤嶼の「蓮花座」で、潮が満ち引きする潮干帯にあり、まるでドキドキする様なその一瞬を記録したかのようです。潮が満ち干する中で、ドキドキする様なその一刻を記録しているようです。
2. 風化作用的地形景觀 3. 2.風化作用の地形景観風的力量有多大,冬天來一趟澎湖,您就可以親自體會大自然的威力。風の力がどんなに強いかは、冬の澎湖に来るならばを訪れれば、直にその威力を肌で感じる事が出来ます。大自然の威力を肌で感じることが出来ます。由於澎湖沒有高山的屏障,在強勁的東北季風經年累月的吹襲之下,玄武岩形成了各種造形奇趣的地形景觀…在強風的修飾下,再怎麼有個性的石頭,也變得圓潤起來。風化作用使得本來是五角、六角形的玄武岩銳角漸漸消失、剝落,而形成圓柱狀或球狀。澎湖は風を防いでくれる高い山がなく、玄武岩は長年に渡って、東北からの強い季節風に直接曝された為に、様々な興味深い形をした景観が作り出されました。高山でさえぎられることが無いので、強靭な東北季節風に長年吹き曝されて、玄武岩は各種の奇抜な造形の地形景観を形成しました。強い風の働きで、強風の作用で、どんなに個性ある石も、まん丸くなってきます。風化作用で、もともと五角形、六角形だった玄武岩の鋭い角は次第に消え、剥がれ落ち剥落し、円柱状あるいは球状になりました。您發覺了沒?玄武岩上有著這一圈圈大小不一的孔洞?不過您可別誤會是什麼人的惡作劇,這是玄武岩長年受到雨水、風浪或生物作用的侵蝕,逐漸在岩石的表面形成蜂巢般的孔洞,稱為「蜂窩岩」或是俗稱的「貓公石」。風不僅是一把強勁的雕刀,也是彩繪的高手。這些玄武岩上美麗的線條,就像是風所遺留的軌跡一般。當玄武岩的表面經風化後,裸露出的氧化鐵紋層,就形成優美的風化紋理。 玄武岩の上にある大きさの異なるまん丸い穴に気づかれましたか?玄武岩上の代償異なる丸い穴に気づかれましたか?誰かがいたずらしたと誤解しないで下さいよ。これは玄武岩が長年、雨水(あまみず)、風や波、或いは生物の作用を受けて、次第に岩石の表面に蜂の巣のような穴が形成されたもので、「蜂窩岩(蜂の巣岩)」或いは俗称「猫公石」(ねこいし)と呼ばれています。風は強靭な彫刻刀となるだけでなく、絵を描く達人でもあります。これらの玄武岩上の美しいラインは、風が残した足跡のようです。玄武岩の表面が風化した後、酸化鉄の紋層が露出して、優美な風紋が形成されました。3.海蝕地形OS:強風吹起的浪濤,更是造成澎湖地形景觀的另一個重要力量。這是小門嶼鯨魚洞,在長年受海浪淘洗後,形成一個天然的拱門造型,就如同鯨魚在大海上巡曳般,是海浪千百年來的精心傑作。而著名的七美嶼「小臺灣」地景,就是長年受到海浪侵蝕所形成的海蝕平台,由於形如臺灣島,更加顯現出她的獨特性。這些經過海浪侵襲所形成的海蝕崖、海蝕凹壁、海蝕溝、海蝕洞、及壺穴等海蝕地形,讓澎湖的海岸景觀多樣而豐富。3.海蝕地形OS:3.海食地形OS:強風によって巻き上げられた波は、澎湖の地形景観を作り出すもう一つの重要な要素です。強風が波を巻き上げるのは、澎湖の地形景観を造成するもう一つの重要なパワーです。これは小門島にある嶼の鯨の穴という意味の鯨魚洞で、長年に渡り叩き付ける波の浸蝕作用により、長年波に洗われた後、天然のアーチが出来上がり、に造形され、それはちょうど鯨が大海を巡っているようにも見えますが、で、波による千百年来の心込めた傑作です。また有名な七美島にある嶼の小さな台湾という意味の「小台湾」の景観は、長年波の浸食を受けて形成された海食台地プラットホームで、形が台湾の島に似ているので、その独自特性がより目立っています。これらの波の襲来を受けた浸食崖は、海食凹壁、海食溝、海食洞、及び壺穴などの海食地形を形成して、澎湖の海岸景観を多様で豊富にしました。4.海積地形OS:潮來潮往間,潮水的力量造就了澎湖群島美麗的沙灘與沙嘴地形。珊瑚及貝殼碎屑在海流的搬運與堆積下,留下海面上一抹潔白。除了沙灘外,像是岩灘、或是退潮後的陸島相連地景,都是海積地形的展現。這些千百萬年的地景面貌,在澎湖群島任一個角落,都精彩呈現,不論是休憩賞景、或是體驗澎湖驚心動魄的地質故事,澎湖群島上每一處珍貴的地景資源絕對值得您細細品味。4.海積地形OS:潮の満ち干を繰り返し、海水の力は澎湖諸島の美しい砂浜と沙嘴地形を造りました。珊瑚及び貝殻の屑が海流に運ばれて堆積し、海面を純白にしました。砂浜以外に、岩浜或いは引き潮後に島同士が連なる景観などすべて海積地形の現われです。これら千百万年の地形の姿は、澎湖諸島のどこででも目を見張るもので、一休みして観賞したり、澎湖の心揺すられる地質物語を体験でき、澎湖諸島の珍しい景観のどれもがじっくりと味わうに足りるものばかりです。
澎湖人與石的對話玄武岩不但是構成澎湖群島的地質風貌的主角,它更走進了澎湖人的文化與生活裡。強風吹襲下的菊島,澎湖人為它築牆,成了安身立命的家園。而咾咕石所搭建的菜宅,更譜出澎湖的田園樂章。一座座堆起的玄武岩石塔,屹立在街弄或田野間,為社區及居民鎮風止煞,這些造型奇趣、且具神聖的意涵,是澎湖子民祈求平安的心靈依靠。澎湖人以海為田,羅列在海中的石滬,形態各異,這就是著名的「海田」。石滬是澎湖先民智慧的結晶與汗水交織下的產業工藝,是先民以玄武岩塊堆疊起來的。走訪雙心石滬,你會發現澎湖人是浪漫且充滿創意的玄武岩中蘊藏著瑰麗文石,是地質運動中一個美麗的創造。當藝術家與玄武岩相遇,澎湖文石成了世界級的瑰寶。(澎湖の人と石との対話)OS:玄武岩は澎湖諸島の地質景観の主役だけでなく、澎湖の人の文化と生活の中に入り込んでいます。強風の吹きすさぶ菊島では、澎湖の人は塀を築いて、安心できる家を作ります。また咾咕石で作った菜宅は澎湖の田園楽章をいっそう盛り上げています。                 一つずつ積み上げた玄武岩の石塔が、巷や田野に立っているのは、集落や住民の風除けです。これらの造形は面白くて神聖な意味も含まれており、澎湖の人々が平安を祈る心の拠り所でもあります。澎湖の人々は海をまるで田畑のように、海中に形の異なる石滬を作りました。これが有名な「海田」です。石滬は澎湖の先人の智慧と褪せの結晶した産業工芸で、先人が玄武岩の塊を積み敷いたものです。双心石滬に来ると澎湖の人々がロマン的で創意に溢れている事が分かります。玄武岩中に育まれる美しい文石は、地質運動の中の華麗なる創造です。芸術家と玄武岩の出会いにより、澎湖の文石は国際的な宝となりました。
地質教室與世界遺產不論是渾然天成的自然地景風貌、或是澎湖人生活的文化軌跡,玄武岩的地質景觀成為澎湖群島最珍貴的自然與文化資產。在各界的努力之下,澎湖規劃了六處地質公園以及玄武岩自然保留區,就是希望這些珍貴的地質景觀可以永久保存,並使澎湖成為地質科學的活教室。在科學家的眼中,澎湖群島豐富、多樣的玄武岩地形,不但是世界文化襲產,更是世界級的地質公園。(地質教室と世界遺産)OS:自然と一体の景観であれ、或いは澎湖の人々の生活文化の足跡であれ、玄武岩の地質景観は澎湖諸島の最も貴重な自然と文化資産です。各界の努力の下で、澎湖は六箇所の地質公園及び玄武岩自然保留区をプランして、これらの貴重な地質景観が永久保存でき、並びに澎湖が地質科学の生きた教室となるように希望しています。科学者の目には、澎湖諸島の豊富で多様な玄武岩地形は、世界の文化遺産だけでなく、国際的な地質公園でもあります。
結尾玩水、踏浪、…,來澎湖除了體驗活力四射的水上活動外,您更可以安排一趟知性之旅,走訪這個世界級的地質教室。您不論在任何一個季節來拜訪澎湖,都可以感受到大地的脈動。澎湖,台灣海峽的美麗串珠,邀請您一同來體驗。OS:大地蓬勃的力量在此展現…澎湖之美 邀請您來體驗まとめ水遊び、波追い、、、澎湖へいらっしゃったら、活動的な水上活動を体験するだけでなく、「知性の旅」をも計画して、この国際的な地質教室を訪れることが出来ます。どの季節に澎湖へいらっしゃても、すべて大地の脈動を感じることが出来ます。澎湖は、台湾海峡の美しい数珠です。どうかみなさまご自身でご体験ください。OS:大地の勢いあるパワーがここに現れています。澎湖の美しさを、ぜひご体験なさってください。ENDING



地質地形影片翻譯請查收

日文翻譯者:三宅教子小姐、中央廣播電台日文編譯(審) 多次配搭翻譯觀光局、新聞局影片
英文翻譯:萬象翻譯股份有限公司Linguitronics Co., Ltd. 國內知名外文翻譯公司
多次配搭翻譯觀光局、新聞局影片



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。