台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬公の町の様子を簡単にご紹介しましょう。誰もが訪れる場所として観音亭があります。この名前は近くにある廟から取られたもので、その付近全体を指しているようです。アーチ型の鉄橋は今年完成したもので、人が渡るだけのもので、もっぱら観光のための橋です。他には用途がないのでいささかもったいない感じがします。ここでは夏ならば海水浴場として朝から晩まで使われています。澎湖の人は日中泳がない人が多いように思えます。冬にはここを舞台にして、アジアカップのサーフィンの大会が開かれます。この時期に特有の季節風と荒れ狂う波に挑戦します。ヨットのセーリングも同時に行われるので、かなり見物です。今年はなぜか風が吹かなくて、開催さえ危ぶまれたほどです。ウインドサーフィンのスピードや操縦性は見る者を唸らせずにはいないほど、目を見張るものがあります。あなたも挑戦してみませんか?

20041222232942.jpg



 北辰市場・・澎湖の胃袋を支えている生鮮食品の市場。早朝から午後一時頃まで。ありとあらゆる魚や野菜、果物などの商品がおばちゃんたちによって売られている。その賑やかなこと、一見の価値あり。

20041230114811.jpg



 魚市場・・。第三漁港にある魚貝類専門の市場。朝4時頃から始まり9時には皆売り切れごめんで閉店してしまうので朝寝坊は御法度。その日に捕れた魚が並ぶので、中には生きているのも少なくない。新鮮この上なくめちゃくちゃ安いぞ。今魚が陸揚げされている所です。

20050223032541.jpg



 第二漁港に超豪華客船が停泊していると思いきや、中身は全部レストランや海鮮料理のお店ばかり。澎湖島に来たら新鮮な海の幸を食べないならば、生きてる意味さえ疑わしいほどです。これはこの8月にオープンしたばかりですので、まだどこのガイドブックにも載っていないと思います。

20041222233545.jpg


たいていのガイドブックには載せられているので、来てみるとそこにあるのは四つ目井戸。まさしく四つのくみ出し口があるからに他ならず、それ以外の何物でもありません。えっこれだけ!という感じも否めません。でも良いじゃないですか?!今時井戸なんてそう簡単に見られませんし、昔の人がどれほど水で苦しんできたか、想像してみるのは如何ですか? 雨の少ない澎湖島では水は大変貴重です。現在は飲料水のほとんどを台湾から運んできており、また、雨水をため、地下水を浄化したり、また海水を電気分解してまかなっているようです。豊富な風力を利用して大規模な海水の淡水化計画が進められています。なお、市内や全島各地にある井戸水は、飲用としては使われていないようです。

20041226004339.jpg


以前はすれ違うことが難しかった狭い道路が全面的に取り壊されて、新しくお土産や街になろうとしています。まだ工事が完成していないので営業どころか、入居している人もいませんが、観光シーズンを迎える頃には賑やかな通りに変身しているはずです。観光地の狭い道路に立ち並ぶおみやげ屋さんを覗くのも、旅の風情をかき立ててくれますが、全面新開発でありながら、この道の狭さを採用するとは、心憎い演出です。良く消防法に引っかからなかったなぁと関心してしまいます。土産物屋さん街をうろつくという観光地ならではの雰囲気を楽しんで下さい。

20050210163407.jpg


こことアインシュタインは何の関係もなかろうに、なんとアインシュタインの銅像が建っています。そういえばいろいろなところに青銅像やモニュメントがあるなぁと思ったら、あなたはもう澎湖県観光局の策略にすっかり乗せられてしまっています。この一年で澎湖島は本当にきれいに整備されました。これからも綺麗になって行くだろうと思います。

20050210163757.jpg

20050210204128.jpg

2005年11月18日から20日にかけて2005アジアカップ澎湖ウィンドサーフィンフェスティバルが開かれました。風が無くて開催が延期されたため、日本からはたった二人の参加でした。一昨年女子の部優勝の鈴木文子さん(プロ)は男子に混ざっての参戦でした、予選は通過したものの、ファイナルにはゆけませんでした。でもすごいなぁ、世界を股にかけてウィンドサーフィンしているなんて!DSCF0061.jpg



DSCF0065.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
自転車に乗るアインシュタインの銅像にはびっくりしました。
芝生の上にただ立ってるだけというのも無雑作感がありますね。

お土産街はすごく情緒感に溢れているので、ついつい買ってしまいそうです。
2010/06/21(月) 07:45:17 | びっくり | #IZfSO8gg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genanzhi.blog2.fc2.com/tb.php/4-67721b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。