台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民俗の植物
科学的な証拠はないかも知れませんが、しかし、実際に生活の中で用いられることにより、全国どこでも代々 にわたり正確に伝えて行くことができるのです。生・老・病・死、それは生命の儀式のようなものですが、健やかに長寿を全うすることは誰もが望むものだからでしょう。
農、林、漁、牧畜業また、文化の産業などに地域の特色が現れます。人はだれでも衣食住、医療や健康、環境などが改善されて行くことを望みますが、子供の遊び、心の信仰などは自然な方向に帰って行くものです。周りにある植物と人の生活は互いに密接な関係を持ったり、疎遠になったり数百年も続くのです。

キバナイソマツ
白い萼と黄色の花びら、単にー本だけならばそれほど目立ちませんが、群れを成して咲けば本当に美しいです。海岸の岩場に生え、根は分岐して熱を逃がします。花の茎が斜めに生え出で、輝きます。スプーンような葉が重なり、魚の毒を解毒する「ハンアツァウ」と呼ばれて 高い名声を得ています。
キバナイソマツ(写真は宮城教育大のhpより)
写真は宮城教育大のhpより


力ワラヨモギ
木質の茎、柄なしの葉、毛もなく果実は痩せています。地に伏して生長し、枝は群がって直立していて、野原や林を鮮やかな緑に染め上げます。「蚊を殺す」成分を含んでいるので「蚊取線香の草」と呼ばれるのは、けっして虚名ではありません。
hカワラヨモギ(写真はby Shigenobu Aoki)
写真はby Shigenobu Aoki


イボタクサギ
つる性の灌木、年取った茎は太くて豪放に生長して、海岸に繁殖します。白い花冠、花びらはゆっくりと5枚に裂けて、赤紫の花芯があり、清楚でまた活発の感じもあります。お風呂に入ってさっぱりして、健康そのもののようなこの木の盆栽の観賞は大変人気があります。
イボタクサギ(写真はhp沖縄図鑑より)
写真はhp沖縄図鑑より



タイワンクサフジ  
葉の縁は白く、蝶に形をした花の色はピンク、さやに種が出来ます。地に伏せて成長し、生命力は強靱で、群落をなして勢力範囲を広げます。昔の人は魚を毒殺して捕獲するために利用していました。俗称は「オーアツァウ」。
タイワンクサフジ(写真はhp花の家より)
写真はhp花の家より


オオハマボウ
大型の黄色い花で、開花はほぼ一年中。花の首は黒っぽい紫色で、朝に咲き、晩に花が落ちます。花の色は黄色から橙色になり、柔らかい花は食べられます。昔女性の部屋の入口にこの花を挿すのが流行りました。葉はお餅の下敷きにしたことから「餅の葉」とも呼ばれます。
オオハマボウ(by Shigenobu Aoki)
写真はby Shigenobu Aoki



ハマゴウ
唇の形した紫色の花の美しさは、人を感動させずにはおきません。大地をはう蔦性の茎は、たくましくて悪条件の下でも生きられます。葉を揉むとほのかに香りが立ち上り、その香しさは頭を冴えさせることができます。黒く熟した種は「御守」の中身の材料となります。
ハマゴウ(写真はhp植物歳時記より)
写真はhp植物歳時記より


タイワンハマアカザ
葉は互生で、茎から葉まで全てが縁。葉の両面に灰色の絨毛、岬のような形をしています。俗称「海のフヨウ」。種を酒に浸してリューマチの薬とするのは、民間に伝わる効果的療法。保育種で、絶滅が危惧されています。
タイワンハマアカザ
写真は澎湖島観光局より


アロエ
根はしっかりとしており葉は厚く、王者の尊厳を漂わせています。白いまだらな鋸のような縁があり、商品名アロエベラ。赤い花は垂れて並び、荒地に自然の趣を添えています。肌を紫外線から守り、収斂作用や美白作用といったポンズのクリームような效果があります。
アロエ
写真は澎湖島観光局より



七美草
ほっそりとした茎と葉は天を目指して伸びて行くき、主根が丈夫で、土を通り抜けて石をも穿つほどです。栞のような小さい草は千金でも買うことができないほど貴重で、七美の神草と言う名で遠くまで知られています。
七美草

写真は澎湖島観光局より


ハマナタマメ
薄紅色で蝶の形をした花が咲き、太い茎が砂浜で気の向くままに身を伸ばし、伸びながら花を咲かせ、たとえ厳しい冬であってもあでやかさを溢れさせています。三日月形の曲がったさやの中に豆があり、そのさやの形は、昔の子供の遊び道具・磨火硬に似ています。
ハマナタマメ
写真は澎湖島観光局より


フウセンカズラ
小さな茎は木々の梢に絡みつきながら身を伸ばし、白い花は巻きひげとよく似合います。
その実は風船のように風に乗って遠くへ運ばれます。小さな可愛い種ですが、毒があるので注意が必要です。その黒い種の底には白いハートのマークがあり、互いに愛情を伝え、恋愛のパスポートと愛の歌になります。フウセンカズラ
写真は澎湖島観光局より

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genanzhi.blog2.fc2.com/tb.php/28-061a7989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。