台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
澎湖島に住んでいる日本語の達人を紹介します。戦前の日本語教育を受けていて、まるで日本人のように日本語が達者です。日本語の他に中国語も台湾語も話せるので、こちらに来て何か困ったことがあったら、電話してみることが出来るかも知れません。日本や日本人をこよなく愛してくれる人たちですから、呉々もお金のことなどで迷惑を掛けないで下さいね。







名前:陳 賡輝(チンコウキ)さん
住所:馬公市忠孝路xxxx
電話:06-927-xxxx 
連絡を取りたい方はコメントでご連絡下さい。取り次ぎます。

陳さんは75歳だが、細身で長身なので若く見えるかも知れません。日本の兵隊が外で酒を飲んで寝入ってしまったとき、家から毛布を持ってきて掛けてあげた事から、その兵隊さんからズーと弟のように可愛がられた話などは彼が如何に日本の人が好きかを物語っている。じっくり聞いてね。
20050727210400.jpg



許天後(キョテンコウ)さん
馬公市民権路xxxx
927-xxxx
 連絡を取りたい方はjwitness@rose.plala.or.jp まで取り次ぎます。

金細工やを営んでいるが、最近は仕事をしていないそうです。80歳を
優に超えているが、その口からは日本語が機関銃のように飛び出してくる。記憶力の確かさは抜群で、並の日本人より日本のことに詳しいし、精神も本人曰く日本人だそうな。
20050728181308.jpg


黄朱綢(コウシュチュウ)さん
馬公市光明路xxxx
  連絡を取りたい方はコメントでご連絡下さい。取り次ぎます。

昔は女性が学校に行くことは少なかったようで、女性の方で日本語がこうも達者な人はあまり見かけません。市内でボタン屋さんを営みながら、衣服の修理もしている、この方の先生は90歳を超えているようですが、未だに師弟の交流があり、出かけたり来てもらったりしていて、賀状の交換なども続いているとのことです。
20050728181219.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/11(木) 10:03:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genanzhi.blog2.fc2.com/tb.php/24-25e52b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。