台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
澎湖島の空の玄関は馬公空港です。ここは島ですから、飛行機で来るか船で来るかの方法しかありません。台北から澎湖島(馬公)ですと、朝7:00分が最初でその後、8:35,9:15、10:00という具合にほぼ一時間おきに出ています。そして遅い方の3つを紹介しますと、4:20,5:00,6:00,そして月水木金土だけですが、6:40分となっています。飛行機は台中からも、高雄からも、それに便数は減りますが台南との間にも一日5往復、嘉義との間に3往復の便があります。勿論日本から来るのでしたら、台北を利用するのが普通です。

台北ーポンフーには3つの航空会社が飛行機の定期便を運行しています。
遠東航空 予約電話番号 -------------------------------
台北 (02)33935388
馬公 (06)9249388

復興航空 予約電話番号 -------------------------------
台北 (02)29724599  
馬公 (06)9218500

立栄航空 予約電話番号 -------------------------------
台北 (02)23583131
馬公 (06)9216350

台北の松山空港と高雄空港からのタイムテーブルを挙げておきますので、参考になさって下さい。
松山空港→http://www.tsa.gov.tw/hyk/Airline/FDeparture.asp?GoalName=%B0%A8%A4%BD&PageNo=1
高雄空港→http://www.kia.gov.tw/content/customer/information-3-2.asp
20041225152951.jpg



空路だけでなく海路もあります。船は高雄と台南、また嘉義との間に就航しています。ゆっくりとした旅ならお勧めできます。高雄ー澎湖島(ポンフー)はフェリーで4時間くらいです。

20041222225435.jpg



これが馬公と高雄との間に就航しているフェリー。馬公からは午後の4時発8時高雄着。冬の間は一日おきなので注意が必要です。
http://www.taiwanline.com.tw/taiwu01.htm 

20050129175202.jpg



この船は高雄と馬公を2時間半で結ぶ高速船。今年から導入されました。今まではフェリーしか運航していませんでしたが、この船の就航により、空の便の混雑が解消されるに違い有りません。値段も飛行機の2/3くらいですので有りがたいです。中国語ですが、資料を上げておきますので、読める方はご利用下さい。http://tw.knowledge.yahoo.com/question/?qid=1005020705793 電話は台湾(07)5313739  
20050523004341.jpg








この双胴船が2005年2月5日から馬公と台南の間に就航しました。安平から馬公が毎日8:00発と12:50分発の2本で、馬公から安平には毎日10:00発と午後4:00発の2本です。所要時間は1時間40分ですので、使えますこれは。料金もエコノミーで750元ですので飛行機の6割ぐらいです。これで台湾とのアクセスがグッと便利になりました。座席の予約が必要ですので、乗船を希望される方は下記に御連絡下さい。
台南支社TEL06-263-7188FAX06-921ー6948
澎湖支社TEL06-927-5438FAX06-927-5438

20050206151949.jpg


この船は馬公と嘉義の間に就航している双胴船です。これも速い!恐らくこの明日之星号も日本で就航していた双胴船がこちらでリフレッシュされたものだと思います。しかし、こともあろうにこの船は座礁して沈没してしまいました。港に帰ってきて、三日くらいかかって完全に沈みました。それでけが人とか死者などはいませんでしたから、不幸中の幸いです。新しい船が投入されたらお知らせします。
今は新しい船が就航しています。澎湖島の海域は水面下に岩礁があるため座礁などが良くあるようです。しかし、航路を知り尽くした定期船が座礁するとは考えられないことですね。

20050206152157.jpg




やや小振りなこの船は馬公と布袋の間に就航しています。やはり双胴船ですから、かなりのスピードが出るものと思われます。それで高雄にはフェリーと高速船があるので、全部で5つの選択肢があることになります。今年から旅客の輸送量が格段とアップしましたので、飛行機や船の切符がなくなるということがないのではないかと期待しています。
20050523002058.jpg


澎湖島は台湾本土と比べて交通が乱れていないので、観光にスクーターを借りるのも良い方法です。台湾はジュネーブ条約に加盟していないので、台湾で日本の免許は無効ですが、台湾は国家社会の一員であるという認識がありますので、国際免許なら通じるようです。警察も国際免許である限り、咎めたりはしないようですが、車やバイクを借りて事故を起こした場合は民事なので、保険会社は責任を取らない可能性があります。それで国際免許でスクーターをレンタルした場合はそのリスクを負う必要があります。しかしスクーターを借りられると、澎湖島の観光を心ゆくまで楽しむことが出来ます。国際免許を持ってトライしてみて下さい!

20050308143200.jpg


しかし台湾はおおらかな国民で小さなことにはこだわりません。日本でこんな光景を見たらぶっとびものですが、ここではあり得ます。この写真は澎湖島ではなく、台中ですが、澎湖島でも4人乗りは時たま見かけます。又、観光客の殆どは台湾から来ていますので、そういう意味では台湾と同じといっても良いので気をつけて下さいね。私は責任を持ちませんから・・・。

20050330180808.jpg


そして至る所に仕掛けられている隠しカメラにご用心! しかし、必ず手前の所でスピード違反の検知器があるので速度違反に注意するようにと警告されていますが、見通しは最高で、道路もまっすぐとなるとついつい出し過ぎてしまうのが人の常です。外国人がレンタカーで写真を撮られたとなるとどのように処理されるのかは分かりません。まぁ国際問題になることはないでしょうが・・・・。
20050523002732.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。