台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暫くの間お茶の間の話題を独占していた純愛ドラマの舞台にもなったのが吉貝島です。このHPの1ページにある白い舌のような砂浜がこの吉貝島です。この砂浜自体は珊瑚の細かく砕けたものからできているので、他の砂浜のように波が押し寄せると海底の砂を巻き上げて、波打ち際が濁ると言うようなことはありません。この水域の高い透明度の秘密はこの珊瑚礁にあります。そしてこの天与の賜物を心ゆくまで楽しめるように各設備が整えられています。夜には都会では決して見ることの出来ない満天の星と押し寄せる波の音が、ロマンチックな風情を演出してくれます。うれしいことに、島には伝統的な漁法で知られる石滬という設備が80あまり残っており、引き潮になれば、思わぬ獲物に出会えるかも知れません。また、島内には防風のために珊瑚を用いた石壁が築かれており、その実用性と見事な造形美に感動を覚えずにはいられません。


20041230204232.jpgimg2.jpgimg13.jpg


この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。http://kittynet.jp/taiwan.html20050201005016.jpg

この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。

20050201032217.jpg


この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。

七美嶼
七美は澎湖の最南端にある島です。七美という名は、ある哀しい伝説に由来しています。明国時代に海賊がこの島を席巻し、当時7名の女子が屈辱を受けるくらいなら死んだ方がよいと身を井戸に投じたのです。住民は後に井戸を埋めて墓としました。そして、墓の上から7株の香楸樹が出てきたと言います。ここはその7名の婦女を記念し、「七美人塚」と呼ばれるようになりました。島にはいくつもの独特な景観を誇る観光スポットがあり多くの人を引きつけています。

20041231011719.jpgimg12.jpg


この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。http://kittynet.jp/taiwan.html

七美島は変化に富んだ地形で知られています。月の世界と名付けられた荒涼とした場所もあれば、一面の緑に覆われたところもあります。とりわけ多くの人を引きつけるのは海岸線の織りなす変化に富んだ地形です。

20050201004607.jpg

この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。

この島をとりわけ有名にしているのは「雙心石滬」と言われる建造物です。これは玄武岩とサンゴ礁で築いた伝統的な海底石垣ですが、青い海の中にあるそれは人工的な匂いをいささかも感じさせません。元々これは潮の干満を利用した古来の漁法で用いられた施設ですが、現在は使用されていません。2個のハート形をしていることから、この名が付きました。ここはまた先端に位置することから、日の出観賞にも最適なスポットともなっています。

20050201035257.jpg



島の最南端には1人の妊婦のように見える「望夫石」があります。

20050201040202.jpg

この写真は澎湖島観光局のhpからの借り物です。m(__)m


東南には大獅風景区があり、石獅子と龍の形をした海蝕台地があります。大自然の景観が連なる様子には、感嘆の声をあげずにはいられません。

20050201040854.jpgimg6231.gif


この写真は澎湖島観光局のhpからの借り物です。m(__)m夏になったら自分で行って撮ってきます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。