台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
跨海大橋の手前に通梁大容樹がありますが、ここに来たなら必ず食べていただきたいものがあります。それはサボテンアイスです。この辺のお土産やではどこでもサボテンアイスを売っていますが、最も美味しいのは、跨海大橋の近くにある易家のサボテンアイスです。たいていのガイドブックでも、ここのが美味しいと紹介しています。それもそのはず、易家のは自家製だからです。ちなみにここのアマー(お婆ちゃん)とアーゴン(お爺さん)は日本語が達者です。ここのが一番美味しいと聞いてきたと言ってみて下さい。ダブルにしてサービスしてくれるかも知れません・・・くれないかも知れません。でも、一番美味しいことには偽りはありません。

20050203235110.jpg


20050330181729.jpg


軽食と言ったらで臭豆腐しょう。幾つかありますが、味はどこでも同じでしょう。臭豆腐のあじです。祖司廟の夜市で一人前35元です。ここのは小さく切って揚げています。好みですが、私は大きい方が良いなぁ。
20050319184929.jpg


名前が分かりませんが、台湾式てんぶらです。中身はキャベツです。エビが2匹付くのが愛嬌です。揚げたてを食べるとメチャ美味しいです。1個15元です。名前と写真は後で載せます。

20050330174404.jpg


3個20元の小判焼き。どうして周りにこういうのが付いているのか不思議です。こだわらない台湾人の性格が良くでています。
中身もいろいろあって、小豆、大根の煮物、キャベツ、肉のでんぶみたいなの、タロイモ、クリームなどあります。3個10元というのもありますが、美味しくないです。熱々を食べられれば最高ですが
、少し冷えたらトースターでこんがり焼いてハオチー。

豆腐です。甘いたれがかけられてなかなか良いです。豆腐の自然の味がします。冬は暖かいのを、勿論夏は冷たく冷やしたのを・・・。どうして日本にこの手の食べ物がなかったんだろうね。しゃしんはあとで。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。