台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1.
澎管處統計93年全年遊客人數大致與90年相當-最新消息
2005/1/13
澎管處統計分析今年蒞臨澎湖的全年遊客人數,並以90年及93年的數據,佐以新舊推估模式做統計換算比較。統計結果93年全年蒞臨澎湖遊客人數為448,212人(若換算為新推估模式為517,262人),相對於正常年之大前年90年該年遊客人數為441,825人(若換算為新推估模式為506,125人),比較結果大致相當(即相對成長1.45%至2.20%),若再依過去歷年統計蒞臨澎湖遊客人數最多年份為88年的462,226人(若換算為新推估模式為528,946人)。
澎湖管理所は93年度の旅客総数は90年度の旅客数とほぼ同じであると発表—最新情報
2005/1/13
澎湖管理所の統計分析に依ると、この一年の澎湖を訪れた観光客の人数は、民国90年と93年のデーターは新旧二つの算出方法で比較してみると、93年に澎湖島を訪れた観光客は448,212人(新しい算出方法によると517,262)であったのに対して、やはり特別なことなく一年を終えた90年は441,825人(新しい計算方法によると506,125人)で、結果は殆ど同じだった(1.45%から2.02%の増加)。ちなみに過去の統計の中でも最も多かったのは、88年の462,226人(新しい算出方法に依るならば528,946人)です。
澎管處參酌「澎湖國家風景區遊客調查暨旅遊人次推估模式建立規劃」報告為依據推算,遊客統計數據為根據民航局馬公航空站、高雄港務局馬公辦事處提供之出入境總人數之和乘以各該季比例,再與不受特殊事件影響年份做比較。
上述の統計に関して、澎湖管理所が「澎湖国家風景区旅客調査及び旅客概数を算出する方法計画」による、旅客統計数は民間航空局馬公飛行場、高雄港務局馬公事務所が提供する出入総数の合計に、各季節の比率や二度と起きないような特殊な事件が影響するものを比較勘案して算出しました。
去年93年全年遊客人數相對略顯成長1.45%至2.20%,顯示澎湖觀光擺脫了過去兩年特殊事件陰霾(91年華航事件及92年受SARS影響),恢復不受特殊事件影響年份之遊客量。澎管處陳阿賓處長指出,93年4月至9月半年期間遊客人數佔85.3%,1月至3月及10月至12月6個月期間僅佔14.7%,仍然明顯呈現淡旺季懸殊,大致旺季稍正成長,淡季負成長之現象。如此現象勢必造成旺季期間餐飲、住宿、交通不足,「一房難求,一票難求」窘況,且對環境衝擊極大。
去年93年の旅客はほぼ1.45%~2.20%の成長に相当し、澎湖観光が過去2年に生じた特殊事件(91年の華信航空の墜落事件及び92年のSARS)の陰りから抜け出て、こうした特殊事件の影響を受けなかった年の旅客数に回復したことを表しています。澎湖管理事務所の陳阿賓所長は更に、93年4月から9月に至る半年の旅客数は85.3%で、1月から3月及び10月から12月の期間はわずか14.7%を占めるに過ぎず、依然として忙しい季節と閑な季節とがはっきり分かれ、シーズン中の旅客がやや増えて、オフシーズン中に減少したと述べました。もしこの傾向が強まるなら、シーズン中は飲食、ホテル、交通の分野で不足をきたし、「ホテルの予約が出来ない、飛行機の切符が取れない」という苦しい状況をもたらし、また、環境に対しても打撃が極めて大きなものとなります。
另觀之歷年遊客狀況,過去曾因瑞聯航空投入大型運輸低票價促銷及違規旅賓館林立,招攬遊客,創造旅遊尖峰。但目前市場面、社會面已不復往常,飛機票價相對已上漲,加旅遊成本;消費者意識抬頭,違規旅賓館已乏人問津,致旺季期間住宿供應不足及交通運輸承載量限制等,仍限制了遊客量成長。雖今年將有「明日之星」「遠翔公主號」「天王星」等高速輪投入新闢馬公與高雄、台南及嘉義等航線,使海上交通運量提供加,但恐屆時旺季期間仍然有住宿不敷供應之情形產生。
また、歴年の旅客状況を別の観点から見ると、かつて瑞連航空が大型飛行機を投入して、格安にチケットを売りさばき、また法規に反する旅館が林立し、それらが旅客を引き寄せ、旅行ブームをもたらしました。しかし現在の観光市場、社会の状況も元には戻らなくなり、飛行機の切符は高止まりし、旅行費用も増加し;消費者の意識も向上して、違法の旅館には泊まる人もなく、シーズン中には提供できるホテルの部屋不足と旅客を運ぶ能力の限界もあり、かくして旅行客数の増加には限界がありました。今年は双胴船「明日之星」号と「遠翔公主」号、「天王星」号等の高速船が馬公と高雄、台南、嘉義との間に就航し、海上の交通手段による旅客輸送増加をもたらすかも知れませんが、やはりシーズン中の宿泊施設の不足にという状況が生じるに違いありません。
  
澎湖地區相關政府單位雖正積極鼓勵民間參與投資開發五星級飯店及合法民宿,但礙於投資效益,預期無法一僦可及,短時間內,仍恐緩不濟急。陳阿賓處長表示未來的澎湖觀光發展,在強調遊客量的同時,觀光產值的提升尤更重要,故如何平衡淡旺季懸殊,以合法為優先,重質優於重量,顧客導向,以客為尊,倡導消費者保護觀念,提高服務的附加價值,永續發展,仍為未來政府民間共同努力之重要課題。
澎湖地区内に於ける政府の各部門は、今、民間が五つ星級のホテルや合法民宿等の投資に参加するよう積極的に勧めていますが、投資に対する効果と利益の問題があり、借りてすぐに利益が出ると言うものではなく、短い時間で成し遂げることは出来ません。澎湖管理所の陳阿賓所長は未来の澎湖観光が発展するために、旅客数の増加と同時に、観光価値を向上させることがより重要であり、如何にシーズンとオフシーズンとの平衡を取るか、また、合法であることを優先しなければならず、量よりも質を重んじ、顧客が望むものを提供し、旅客を尊び、消費者保護の考え方を唱導し、サービスの付加価値を高めながら、発展し続けること、これらは将来にわたって政府と民間が共同して取り組むべき重要な課題だと述べました。
2.
93年12月份會計室月報-最新消息
2005/1/15
93年12月份會計室月報資料
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/9312ACC.pdf
2.

93年12月の会計室月報—最新情報
2005/1/15
93年12月份會計室月報資料
関係するアドレス:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/9312ACC.pdf

3.
我爆料--廉政檢舉專線--02-23167586-最新消息
2005/2/1
法務部我爆料---廉政檢舉專線(02-23167586)
現在檢舉公務人員貪污度瀆職只要一通電話就能搞定,不但全程保密,只要正確署名並查證屬實實經法院判決有罪者,最高還有600萬元的獎金喔,檢舉貪污瀆職,請撥02-23167586(惡習依舊 欺我爆料)

3.

私は内部告発する・・清廉な政府検挙専用電話—最新情報
2005/2/1
法務部内部告発・・清廉な政府検挙専用電話(02-23167586)
現在公務員を汚職の疑いで検挙するのにたった一つの電話で告発することが出来ます。告発者に関しての秘密が保たれるだけでなく、正確な名前と、調査に対しての真実性が求められるだけです。
実際裁判所により有罪の裁定が下されるなら、最高で600万円の賞金も出ますよ。汚職を検挙しましょう。 どうぞ02-23167856に電話して下さい(依然として悪い習慣があるなら私は告発する)。

4.
澎管處林投公園休區公告招商--新聞稿-最新消息
2005/2/1
澎管處林投公園休區公告招商
澎管處為充分利用公共服務設施,委由民間參與經營管理,並配合水域遊憩活動發展,將辦理林投公園休區販賣部、賣店等之公共設施出租,以最有利標公開徵求廠商經營管理。該案業已於1月31日上網公告招標,預計於2月23日截標後,辦理廠商評審。繼林投公園休區案,後續將推出後寮濱海、姑婆嶼、大倉、林投遊客服務中心、隘門沙灘等五個據點之公共設施出租民間經營管理,希望有意願投資者把握機會參與招商。

4.

澎湖管理所林投公園レジャー区業者募集広告・・ニュース原稿—最新情報
             
2005/2/1
湖管理所林投公園レジャー区業者募集広告
澎湖管理所は公共サービス施設を十分活用するために、民間に経営参加を求め、また水域レジャー活動の発展に力を合わせるために、まもなく林投公園のレジャー区内の販売部、売店などの公共施設を有料で貸し出します。それで、最も有利な応札者に経営管理を委託します。この案件は既に1月31日にインターネット上で募集を開始しており、見通しでは2月23日の締め切り後に委託する業者の選定を行います。林投公園レジャー区案に続いて、まもなく後寮浜辺、姑婆嶼、大倉、林投旅客サービスセンター、隘門砂浜など五カ所にある公共施設を民間に貸し出して経営を委託します。希望者はこの機会をお見のがしなく応札してください。

本次林投公園休園區出租標的為原有販賣部賣店(及林春)重新整修規劃,佔地約30坪加上周邊延伸面積30坪空地,配合淋浴設備,提供業者經營使用,業者附帶有林投公園林木、環境、公廁之清潔維護及現有動物養護之責,極適合經營簡易餐飲、特產、水域遊憩等一般遊憩用品租售。為創造商機吸引旅遊團體參觀遊憩,林投公園將不收取門票,讓遊客自由進出,進行水域遊憩活動,或使用沙灘親水帶,預期未來沙灘人潮熱絡,休景象將媲美東南亞渡假島嶼。

この度の林投公園レジャー園区の貸し出し対象物はもともとある販売部の売店で(及び林春)、新たに修理する予定です。面積はおよそ30坪に加えて周辺の30坪の空き地、付随するシャワー設備などを落札業者が用いて営業することができます。業者は付帯条件として林投公園内の樹木、環境、公共トイレの清潔維持管理及び現在飼育中の動物の世話を行う義務を負います。特に相応しいのは簡易食堂、お土産屋、水泳用品の販売と貸し出し等の経営です。団体旅行客を引きつけて商機を作り出すために、林投公園はまもなく料金の徴収を止め、自由に出入りし、水辺や砂浜でのレクリエーションにうち興じることが出来るようになるので、近い将来砂浜が人で溢れるようになるのを予期できます。そうした様子は将に東南アジアのバカンスリゾートの島々ようです。

  
澎管處同時呼籲,水域遊憩活動管理辦法施行後,縣內原水域遊憩活動經營業者經輔導取得營利事業登記者,能踴躍參與投標,共同來維護澎湖旅遊品質,未來占用公有土地搭建之臨時棚架或破壞景觀者,將依「發展觀光條例」罰款。澎管處將設施以公開出租方式即是能讓業者有營業基地,並減少業者營運成本,初期先行租期一年餘,若業者配合度高,將考量再予續約至97年底,有關租金計算也以降低廠商成本估算,期以提高競爭與服務品質,使遊客能享有舒適、安全的水域活動。

有意者請於上班時間洽澎管處管理課許小姐,洽詢電話9216521轉238。相關圖檔如網址連結下載,相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/940201MM.doc

澎湖管理所が新しい人だけでなく、水域レジャー管理法が施行後に、県内の以前から水域レジャー活動に従事してきた業者たちに、営利事業の登録者登録をして、奮って入札に参加し、澎湖管理所と共に澎湖観光の質を向上させるようにと呼びかけると共に、将来、仮設の小屋を建てたり、景観を破壊している者たちに関しては「観光発展条例」に基づいて処罰する方針を明らかにしました。澎湖管理所が公開貸し出し方式、即ち、業者が営業の活動基盤を持つことが出来、なおかつ業者の資本投下をあまり必要としない制度で、初期の先行貸し出し期間の一年後は、もし、業者が相応しく釣り合いが取れているならば、民国97年度の終わりまで契約を存続することを考慮出来ますし、貸し出しの金額に関しても、業者のコストに応じて低くすることも出来、それによって競争とサービスの質を高めることになり、旅客にとって、リラックスでき、かつ安全なバカンスが楽しめるようになることを期待しています。

望まれる方は業務時間中に澎湖管理所管理課の許女子まで御連絡下さい。相談電話:9216521内線238。関係する企画についての資料は以下のHPで見ることが出来ます。関係するHPアドレス:http//www.penghu-nsa.govtw/leon/940201MM.doc
5.
93年補助款運用情形表-最新消息
2005/2/5
93年補助款運用情形表
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/93年度補助款表.pdf

5.
民国93年補助金運用状況—最新情報
             2005/2/5
民国93年補助金運用状況
関係するHPアドレス:http:www.penghu-nsa.gov.tw/leon/93年度補助金運用表.pdf
6.
94年1月份會計月報資料-最新消息
2005/2/6
94年1月份會計月報資料
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/9401Acc.pdf

6.
民国94年一月分会計月報資料—最新情報
            
2005/2/6
民国94年一月分会計月報資料
関係するサイトアドレス:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/9401Acc.pdf

7.
邁向國際化澎管處一步一腳印全面建置雙語地名牌-最新消息
2005/2/21
為迎合國際化發展目標,澎湖國家風景區各遊憩區及遊憩景點的道路指標牌、標示牌、解說牌及警告牌等都已中英文雙語化。

7.
 
国際化に向けて澎湖管理所は着実に事を進め二カ国語の地名標識を全面設置—最新情報

2005/2/21        
国際化への発展という目標に合わせて、澎湖国家風景区内にある各レジャー区及びレジャー地区の関連する道路の案内板、道路標識、説明案内板及び警告標識などの全てを、既に中国語と英語の二つの言語で表示しました。

澎管處陳阿賓處長表示,澎管處依據挑戰2008國家發展重點計畫-觀光客倍計畫朝澎湖邁向國際化,已陸續建置完成各項雙語化作業及設施,目前澎湖國家風景區遊憩區指標系統已完成大型指標就有32座;原有標示牌、警告牌及解說牌設施不僅汏舊換新,更新製作美觀實用的款式,同時也一併融入中英雙語及交通部觀光局所統一設計之旅遊服務中心形象識別標誌。
澎湖管理所の陳阿賓所長は、澎湖管理所が「挑戦2008国家発展重点計画・・観光客倍増計画」に基づき、既に標識頭の二カ国語化の作業と設置を終え、現在澎湖国家風景区内のレジャー区の指示案内系統は、既に大型指示案内板を32箇所に設置しました。これは、元からある標識や警告標識、説明案内板などの古いのを、きれいで実用的な新しいのに換えたというだけでなく、中国語と英語が併記したもので、交通部観光局がデザインした澎湖旅客サービスセンターがイメージされた同じマークが入っています。
 
目前澎管處刻正進一步建置澎湖各地遊憩區入口地名牌,以耐久永續石材造景,並能與自然環境融合,達到美化效果。
現在、澎湖管理所は澎湖レジャー地区の入り口にある地名板を恒久的に使用でき、なおかつ、自然に融和し、美観の観点からも好ましい石材を使って彫っています。
陳處長表示澎管處仍一貫秉持將澎湖國家風景區營造為「碧海藍天‧自然悠‧海上渡假樂園」願景,不只是針對國內遊客,更為邁向國際化持續作準備,朝建構完善且優質親切的旅遊環境繼續努力。
陳所長は澎湖管理所が、澎湖風景管理区を「青い海、青い空、自然の懐、海上の楽園」にするという目標を堅持して、国内の旅客だけでなく、国際化に向けて油断なく準備を進め、非の打ち所のない、そして親切な旅客環境を打ち立てるべく努力して行くと述べました。

8.
澎管處義務解說聯誼會-94年新春團拜雞尾酒會-最新消息
2005/2/22
澎管處利用開春上班第一個禮拜天舉辦義務解說員新春團拜雞尾酒會,一大早義解志工們頂著開春第一道寒流踴躍參加新春團拜聯誼各各臉上散出暖暖的朝氣,在100多位義解與管理處同仁共聚一堂互賀新禧。

8.
澎湖管理所は義務解説員友好会ー94年新春カクテルパーティを行う

2005/2/22               
澎湖管理所は、新春後の初出勤となる第一日曜日を用いて義務解説員の新春カクテルパーティを開きました。新春と共に寒波が来て気温は低かったものの、朝早くから参加した各々の顔は進取の気性で満ちていました。100名を超す義務(ボランティアではなく県の嘱託を受けた)解説員と、澎湖管理所の所員が一堂に会し、互いに新年を祝いました。

活動在義解聯誼會精心策畫下,並由澎管處處長陳阿賓拱手互勉、共許互道新禧中展開一聯串的聯誼活動。

この日の活動は、義務解説員友好会が念入りに企画したもので、所長の陳阿賓が互いに敬意を払い、互いに努力し、共に許し、共に語るよう新年の祝辞を述べながら、一連の親睦活動を進めました。

澎管處處長陳阿賓表示:今年管理處主推「2005年澎湖石滬季」、「磯釣賽」等,同時未來將澎湖遊客中心作為重點解說據點,以提昇旅遊服務品質,並對在場義解伙伴預告第六期義解志工的招訓事項,請伙伴們多多宣傳讓有心回饋鄉土,竭心奉獻的朋友,來加入這個大家庭成為澎湖觀光尖兵。
澎湖管理所陳阿賓所長は、今年、澎湖管理所が主催する「2005年澎湖石滬フェスティバル」と「磯釣り大会」などの観光活動が予定されており、澎湖旅客センターが重点的な解説奉仕の拠点となるので、解説奉仕の質を高めるようにと述べ、また、会場にいる義務解説員に対して第6期の義務解説員を募集について予告し、どうか心ある人たちに故郷に帰ってきて、、献身的な仲間がこの大家族の一員となり、澎湖観光の精鋭となるように宣伝するようにと励ました。
最後由聯誼會會長李雋堃期許伙伴們備好熱情的笑容及誠摯的態度迎接遠道而來的賓客。
最後に友好会会長の李ーーは、解説員の皆さんが、引き続き熱意に溢れた微笑みと誠実な態度で、遠くから来たお客様を迎えるよう期待していると述べた。



9.
澎管處修整小門菜宅咾古牆,再現島嶼聚落傳統風貌-最新消息
2005/2/22
小門嶼是澎湖地質地形縮影,原本為西嶼北邊突出的海岬,因長久受海水侵蝕作用而與西嶼島分離,現在建造有拱橋聯接方便居民通行。因小門嶼瀕臨西嶼北方,面對秋冬季節強烈的東北季風加上濃厚的鹽霧影響,當地鄉親於南側山凹處就地取材以老古石疊砌成牆構築於菜宅週邊,以防止季風及鹽霧吹佛,加農作成長效益,也襯托溫馨的漁村風情,展現強烈的人文景觀。
9.
澎湖管理所は小門にある野菜畑の古い壁を修理し、離島の集落は伝統的な佇まいを取り戻す—
   最新情報
2005/2/22  

小門は、澎湖島の地質や地形の縮図といえます。元々西嶼の北方にある突出した岬に当たる部分で、長い間海水の浸食作用を受けて、西嶼島から分離していますが、橋が建設され二つの地を繋いでいるので、居住民の通行は何の支障もありません。小門島は西嶼島の北方に位置し、秋から冬にかけて強烈な東北の季節風の外、濃厚な塩霧の影響に曝されるので、当地の人は南側の山の窪みの所に土地を取り分け、珊瑚の石を積み重ねて野菜畑の周りに垣を作り、季節風や塩霧にさらされるのを防ぎ農作物の生長を促すと共に、温かな漁村の風情を醸しだし特徴ある人文を作り上げていました。
 
小門嶼咾古牆菜宅(蜂巢田),由於構築年代久遠,代代傳承,提供了當地居民民生農作物基本的需求;近年因受工商業社會影響人口外流,原來以維生的菜宅逐漸廢耕,咾古石牆受風化崩塌,乏人維護;澎湖國家風景區管理處為充實小門嶼的自然與人文風情,除已建設備受讚譽的小門地質館,更於去年結合當地鄉親共識,針對菜宅作整體規劃與維護,讓傳統文化資產、漁村社區風情與觀光意象的塑造重現風華,讓遊客及旅外鄉親感受到咾古石牆菜宅的傳統文化資產、建築藝術與澎湖鄉親在艱辛的環境中與自然搏鬥所蘊育出堅毅、刻苦耐勞的精神及海洋文化。
小門島の石垣菜園(蜂の巣畑)は遙か昔に作られ、代々受け継がれて、当地の人々が日常必要とする農作物を産出してきました。近年、商工業社会の形成に伴い、人口の流出が始まり、元々細々とつないできた菜園が段々失われて、その石垣は風化の影響を受けて崩れ去りゆく中で、守ろうとする人はほんの一握りの状態です。それで、澎湖国家風景区管理所は小門島の自然と人文風情を充実するために、建設以来多くの賞賛を得てきた小門地質館だけでなく、昨年は当地の人の考えを結集して菜園全体の管理と維持を計画し、伝統の文化遺産と漁村の風情と観光イメージを形作ることにより、以前の趣を再現することにしました。その様にして、観光客やその地の人々は珊瑚の石壁の伝統的文化遺産や建築技術を目の当たりにし、又、澎湖の島に住む人たちが困難の伴う状況のもとで、自然と闘いながら毅然として培ってきた不屈の精神や海洋文化を知り、感動することでしょう。

 
澎湖國家風景區管理處處長陳阿賓表示,澎管處致力於營造澎湖特有的傳統風貌,極力維護文化資產,同時喚醒鄉親對咾古石牆與石滬的記憶與保存的重視。於去年修整後寮遊憩區周邊道路咾古牆菜宅,亦積極介入小門島菜宅(蜂巢田)之修整維護,依原有規模範圍,以傳統生態工法施作,在「石師」洗鍊堆疊手法中,讓傾頹崩塌的咾古牆及玄武岩牆再次恢復昔日風華,計修整長度430公尺。另加上今年主推的「澎湖石滬季」,將由點而面,呈現澎湖島嶼聚落獨特農漁村景緻。
澎湖国家風景管理所陳阿賓所長は、澎湖管理所はなんとしても澎湖独特の伝統的な風貌を取り戻し、極力文化資産を保護し、同時にここに住む人たちに珊瑚の石垣と石滬の記憶とその保存の重要性を銘記させたいと述べました。昨年は後寮レジャー地区周辺道路にある菜園の珊瑚石垣の補修工事を行い、また、小門島の石垣菜園(蜂の巣畑)の修理と保存に務め、元々あった程度まで範囲を回復し、伝統的な生態工法で、傾き崩れている珊瑚の石垣と玄武岩の石垣が再び在りし日の様子を取り戻せるよう、石の職人が洗練された手さばきで石を積み重ねています。石垣を修理した合計距離は430メートルになり、加えて今年はとりわけ「澎湖石滬フェスティバル」を押し進めるために、点と面に於いて澎湖島の集落が独特の農漁村の景観を呈するようになるでしょう。
陳阿賓處長更進一步表示,希望農漁村聚落能將民宿、人文與地景等觀光資源相互結合搭配推廣運用,由點而面,讓菊島的美不僅是視覺的享受,更是心靈的饗宴,兼而帶動地方觀光休產業發展。
陳阿賓所長は更に一歩進めて農漁村集落が民宿を営むことが出来、文化と風景などの観光資源が相互に結びつき広範に用いられるなら、点と面に於いて菊島の美しさが単に視覚だけのことに留まらず心理面でも豊かな宴となり、地方の観光レジャー産業の発展に寄与することになると述べました。


10.
澎管處招募第六期解說員-最新消息
2005/2/23
報名辦法:
驟請於94年3月3日前填妥本處義務解說員報名簡歷表﹝簡章背面﹞,並於右上角貼妥兩吋照片1張,郵寄或送達本處。郵寄信封封面請註明「報名參加義務解說員」。
驢即日起請至本處服務台或澎湖遊客服務中心索取報名簡章(或至本處網站下載報名簡章:www.penghu-nsa.gov.tw)。逕寄:澎湖縣馬公市光華里171號「澎湖國家風景區管理處遊憩課」收。連絡電話:(06)9216521轉247。
10.
澎湖管理所は第6期解説員を募集します

2005/2/23                
申し込み方法:
・どうぞ民国94年3月3日前に澎湖管理所の義務解説員申し込み履歴書に必要事項を記入し[簡単な規則は裏にあります]、右上角に2インチの写真を貼り、郵便等で澎湖管理所に送付して下さい。
郵便による場合は封筒の表に「義務解説員の申し込み」と書き添えて下さい。
・どうぞすぐに澎湖管理所の受付、又は澎湖旅客センターで申込書を受け取って下さい(或いは澎湖管理所のHPから申込書をダウンロードすることが出来ます:www.penghu-nsa.gov.tw)。
送付先:澎湖県馬公市光華里171号「澎湖国家風景区管理所レクリエーション課」宛
連絡電話:(06)9216521転247

11.
「漁翁島休渡假區(納入新範圍)促進民間投資開發計畫」案於94年2月24日公告歡迎廠商參與投資-最新消息
2005/5/24
「漁翁島休渡假區(納入新範圍)促進民間投資開發計畫」案於94年2月24日公告歡迎廠商參與投資,相關內容詳本案投資說明書.
一、說明書內容:
本說明書係為「漁翁島休渡假區(納入新範圍)促進民間投資開發計畫」案(以下簡稱「本案」)之第3次公開招商作業而編製;本計畫案相關招標及投標作業除法令及招標公告等另有規定外,悉依本說明書及相關附件辦理。
二、本案招標文件費為新台幣600元整;前項費用以郵局匯票或現金逕洽本管理處秘書室支付。凡自認合於招標公告所規定之廠商,自94年2月25日起至94年4月25日止得自行或通訊方式領取招標文件。
三、法令依據:
(一)本案係為建設觀光發展之休渡假旅館及相關附屬設施,屬「促進民間參與公共建設法」第3條第1項第7款之「觀光遊憩及森林遊樂重大設施」。
(二)本案之民間機構參與投資開發方式,經交通部93.6.11交路字第0930006144號函准依「促進民間參與公共建設法」第8條第1項第1款及第4款之規定(採BOT+ROT)方式辦理。
四、計畫簡述:
為落實「促進民間參與公共建設法」及其施行細則之執行,以民間產業動力開發觀光遊憩設施,帶動地區產業繁榮,加速經濟蓬勃發展,進而拓展海洋觀光遊憩市場,提供渡假型海域遊憩新據點,交通部觀光局澎湖國家風景區管理處(以下稱「本管理處」)擬提供澎湖縣西嶼鄉礁段1~89-2地號等51筆國有土地,面積共計5.5782公頃(以下簡稱「本基地」),及其週邊約3.366公頃海域經營管理區,其開發範圍之陸域部份係採以設定地上權方式開發經營觀光旅館及相關觀光休設施,邀請有意投資本計畫案申請參與甄選本案,申請人須就本基地全部一次申請投資,不得予以分次或分割申請,且申請參與本案之興建投資金額不含土地不得低於新台幣3億元。
本案係以建立漁翁島成為停留型之區域級休渡假勝地為目標,故其許可投資內容之品質應定位於區域性之高水準;另因本案依規將採BOT+ROT方式委由民間進行投資開發,為使投資公司對於開發範圍內享有最大之規劃與發展空間,本案僅就滿足當地發展需要予以設定其最小投資總額及最少投資項目,至其土地開發及設施配置則採「總量管制」方式,即投資公司日後之實際開發內容仍以得標時所提送之符合本案開發構想、基本功能需求及公告招商文件內相關規定之投資計畫書為準。
五、權利金底價:區分為開發權利金、經營權利金兩大類:本案開發權利金採固定金額為新台幣415萬元,不納入評決,經營權利金為每年支付金額不得低於營業總收入的百分之一(不含營業稅)。
六、投資申請之收件期限及地點:
(一)收件期限:本案之投標截止期限為民國94年4月25日下午3時整。
(二)收件地點:申請人應於前項規定期限前,將投標文件以公立郵局限時掛號或快捷方式寄達「澎湖郵局第123號郵政信箱」,或專人送達880澎湖縣馬公市光華里171號「交通部觀光局澎湖國家風景區管理處」。
七、本案除公告於採購公報及行政院公共工程委員會採購公告系統(網址:http://www. pcc.gov.tw)外,相關內容亦可至本處網站(http://www. penghu-nsa.gov.tw)查詢。
11.

「漁翁島リゾート区(新たな増加範囲を入れる)に民間の投資を促進する計画書」案
は民国94年2月24日公布され、業者の投資を歓迎すると述べています。--最新情報

2005/2/24
「漁翁島リゾート区(新たな増加範囲を入れる)に民間の投資を促進する計画書」案
は民国94年2月24日公布され、業者の投資を歓迎すると述べており、関係する内容はこの投資説明書に詳述します。
一、説明書の内容:
 この説明書は「漁翁島リゾート区(新たな増加範囲を入れる)に民間の投資を促進する計画書」案(以下「本案」と称します)の第三次参加業者募集作業と編制に関するものです。この計画案は入札を募集し、また入札作業に関するもので、法令及び入札等の他の規定がある場合を除いて、すべてこの説明書及び関係する書類により扱います。
二、本案入札書類代は新台湾元600元です。この費用は郵便局の為替手形或いは現金書留で澎湖管理所秘書室付けでお送り下さい。全て入札募集にかなう事業者は民国94年2月25日から民国94年4月25日までの間に直接又は郵便を通して入札書類を受け取って下さい。
二、法律の根拠:
 (一)本案は観光発展のリゾート宿泊施設、並びに関係する付属設備の建設に関するもので、「民間の公共建設への参加を促進する法」の第三条第1項第7款の「観光レジャー及び森林遊覧の施設の整備」に関する法律に属します。
 (二)本案の民間機構が投資開発に参加する方式は、経済交通部が民国93年6月11日交付した文書番号第0930006144号の規定に準する「民間の公共建設への参加を促進する法」の第8条第Ⅰ項第Ⅰ款及び第4款の規定です。(採用BOT+ROT)*脚注
三、計画を略述:
  「民間の公共建設への参加を促進する法」を実のあるものとし、またその細則の実施を円滑にするために、民間産業のもてる力を観光施設の開発に用いて、地区の産業の繁栄をもたらし、経済を活性させ、海洋観光レジャーの市場を開拓推進し、バカンス型海洋レジャーの新たなスポットを提供し、交通部観光局澎湖国家風景区管理所(以下澎湖管理所と称します)が提供する予定の澎湖県西嶼郷横礁段1~89-2番地など51筆の国有土地・・・その面積の合計は5.5782ヘクタール(以下この土地と称します)並びにその周辺の約3,366ヘクタールの海域の経済管理区域、そしてその開発範囲内の陸域部分に地上権を設定し、観光旅館及び観光リゾート施設を営業することが出来ます。それで経営意欲のある方がこの計画案に投資して見るようお勧めします。申請人は必ずこの土地全部を一度に申請して投資すべきであり、幾つかに分ける、もしくは分割して申請することは出来ず、この計画により申請する際の投資金額は、土地代金を含まずに台湾元の3億元以下であってはなりません。
  この計画は漁翁島を停留型のバカンスリゾート区域にして行くのが目的であり、それ故に投資の内容はそのリゾートにふさわしい水準を保つことが期待されています。また本案はBOT+ROT方式を採用し、民間に開発投資を委ねて、その投資会社が開発の範囲内で最大の規模と発展空間を持つことが出来るので、この計画案に沿って投資を行うならば現地の発展の需要を満たし、最小の投資総額及び最小の投資プロジェクトとなるでしょう。その土地の開発及び施設の配置は「総量コントロール」方式を採用します。つまり投資会社の将来に於ける実際の開発内容が、依然として開発許可を得た時と同じ内容を保っているならば、基本的な機能がどうであるか、及び、入札を募集した書類が規定している投資計画書に基づいて管理します。
四、権利金の底値:開発権利金と経営権利金とを区別するために:本案の開発権利金は台湾元の415万元と固定しますので、開発権利金は評決に入れません。経営権利金は毎年支払う金額が営業総収入の百分の一を下回ってはなりません。(営業税を含まない)
五、投資申請書類受け取りの期限および地点:
(一)申請書類の受付期限:本案応札の締め切り期限は民国94年4月25日午後3時。
(二)受付地点:申請人は前項が規定する期限前に、応札文書を郵便局の速達書留或いは、それに  準ずる方式で「澎湖郵便局大123号郵政信箱」、又は宅配業者により880澎湖県馬公市光  華里171号「交通部観光局澎湖国家風景区管理所」まで送って下さい。
六、本案は(官庁や企業のための)購入広報や行政院公共工事委員会の購入広告(HPアドレス:http://www.poc.gov.tw)の外、関係する内容は又、このHP(http://www.penghu-nsa.gov.tw)でも調べることが出来ます。

 
 *脚注 
 BOT(Build‐Operate‐Transfer 建設-運営-譲渡)民間事業者が自ら資金を調達し、施設を
 建設(Build)、一定期間維持管理及び運営し(Operate)、事業終了後に公共に所有権を移転
 する(Transfer)方式。

 ROT(Rehabilitate‐Operate‐Transfer 改修-運営-譲渡)民間事業者が自ら資金を調達し、
 既存の施設を改修・補修(Rehabilitate)、一定期間管理及び運営し(Operate)、事業終了後
 に公共に所有権を移転する(Transfer)方式。


12.
日本琉球大學考察澎湖觀光產業發展-最新消息
2005/2/24
日本琉球大學學生一行十三人在大成肇教授率領下於本(二)月十七日蒞臨澎湖做為期三天參訪行程,對澎湖人文風情與觀光產業留下深刻印象,尤其對同屬海上島嶼,咸認為具有相同的風情與近似的文化背景,特別是在十八日拜訪澎湖國家風景區管理處陳阿賓處長並帶領參觀澎湖遊客服務中心及觀賞解說多媒體後,更加深對澎湖的了解,在與地方產官學界意見交換後,取得將加強澎湖與琉球兩地情誼共識,並將落實兩地人才與經驗交流功能。
12.
日本琉球大学は澎湖島の観光産業の発展を考察—最新情報

2005/2/24
日本の琉球大学の学生一行13人が大成肇教授に引率されて、二月17日から三日間の日程で澎湖島を訪れ、とりわけ同じ海上の島々に属し、同じような風景やよく似た文化的背景を持つものとして、島の文化や観光産業に対して感銘を受け;特に18日には澎湖国家風景管理所を訪ね、陳阿賓所長の案内で澎湖旅客サービスセンターを見学し、紹介ビデオを鑑賞して、更に澎湖に関する理解を深めた様である。この地の産業、行政、学術界との意見交換の後に、澎湖と琉球の互いの地域が、将来友好や共通認識をより強め、二つの地域の人才と経験を確実に交流することを取り決めた。
大成肇教授專長於島嶼開發研究,在日本學術界擁有崇高學術地位,曾多次蒞臨澎湖考察及蒐集相關史料,對澎湖印象深刻,此次率領學生來台灣地區,特別深入離島澎湖作實地考察,咸認為澎湖與琉球有相同的環境,產業受制於天然環境難能大量開發,導致人口外流相當嚴重,有異於具有近似屬性的琉球,卻仍能留住部分人材,奉獻鄉梓;大成肇教授承諾將持續更深入基層,蒐集相關資料後,研擬突破觀光產業發展瓶頸方向,為開發世界地球村的發展提供建言。
大成肇教授は島々の研究に専ら携わり、日本の学術界に於ける重鎮としての立場を保っておられ、考察と関係する史料の蒐集のために幾度も澎湖に足を運ばれている。澎湖に対する造詣も深く、この度学生を引き連れて台湾に来られ、分けても離島である澎湖島に立ち入り実地考察と相成った。教授は澎湖と琉球がよく似た環境を有しており、自然の環境によって規制を受けているため大規模な開発は難しいこと、またその為に人口の外部への流出がかなり憂慮すべきなのに、よく似た状況にある琉球では、人々がかなり留まって地域に貢献していると考えている。;大成肇教授は引き続き現場に踏み込み、資料を集めた後、観光産業の行き詰まりを打開し、世界地球村の発展を図るため提案を行うことを承諾した。

大成肇教授專精島嶼開發與研究專長,陳處長曾於月前致函邀請大成肇教授參加澎管處與即將升格為大學的國立澎湖技術學院共同策劃,預定於暑假期間籌辦有關「石滬」主題的研討會發表「離島開發與石滬漁業休產業」有關內容專文,在取得大成教授首肯後,陳處長對親率學生蒞臨澎湖考察兼做學術研究除至表歡迎外,更允諾給予必要的協助,對大成教授博學精湛,澤被地球村公民,特致表謝忱。
大成肇教授は、離島の開発と研究が専門で、陳所長は、以前から手紙で大成教授に澎湖島管理所に来て、まもなく大学に昇格する国立澎湖技術学院と共同企画し、夏休みの期間に石滬に関する研究会を開き、「離島の開発と石滬を用いたリクレーション事業」に関する報告を発表するよう要請しており、この度、大成教授の快諾を得た後に、陳所長は親しく学生に近づき、調査研究のため澎湖に来たことに歓迎の意を表しただけでなく、必要な協力を与えることを約束し、大成教授の博識を讃え、地球村の公民に益をもたらしてくれることに感謝を表した。
澎管處陳阿賓處長表示:澎管處為珍惜澎湖海洋文化轉化為觀光資源,分享遊客,今年特別籌辦「2005澎湖石滬祭」觀光文化系列活動,將自4月30日起陸續展開包括吉貝地區自行車道啟用、地景公園、石滬主題的研討會及石滬漁撈體驗等相關海洋生態系列活動,期望透過學術研討、生態與體驗活動,透過解說功能,能擴大全民與國際友人對澎湖石滬文化資產的認識,加澎湖在國際間的知名度,吸引更多觀光旅遊人潮,促進澎湖的全面發展。
澎湖管理所の陳阿賓所長は、澎湖管理所は澎湖の海洋文化を高く評価しており、それを観光資源として活用し、旅行客に楽しんで貰うために、今年、特に「2005澎湖石滬祭り」という観光文化活動を企画し、4月30日から次々と、吉貝地区に自転車専用道路を整備し、地景公園を整備し、また石滬が主題の研究会を開き、石滬での魚採り体験などの海洋生態に関係する活動を展開することを発表した。また、この学術研究討論会や実際の体験活動、また澎湖の名跡や由来を説明する解説奉仕を通して台湾の全ての民と国外の友人たちが澎湖の石滬文化の資産価値についての認識を深め、澎湖の国際的な知名度を高め、より多くの観光客を引きつけ、澎湖のあらゆる方面の発展を促進することを願っていると述べた。

13.
「2005澎湖觀光行銷嘉年華-情定戀人海豚灣」活動-熱門活動
2005/2/24
澎湖群羅列,海岸線綿長,海域未受污染,具有豊富耀燦爍之海洋生態資源瑰寶及變化多端之海底景觀;巍峨獨特的柱狀玄武岩節理嶙峋;沙灘晶瑩剔透,景緻宜人;保留完整的歷史遺蹟及典雅古厝聚落,樸實幽幽的漁村生活及善良民俗風情,加上新穎刺激多樣的水上休遊憩活動,是一個遠離都市塵囂引人佇足流連的絕佳休好去處。
13.
「2005澎湖観光喜びの歳月—心に決めた恋人イルカ湾」活動—情熱を傾けるイベント

2005/2/24
澎湖の島々が点在し、海岸線が連綿と続き、その海域は全く汚染されておらず、そこは正に様々な生物が営みを繰り広げる海の貴重な宝物、また、変化に富む海底の景観;そびえ立つ玄武岩独特の柱状節理;砂浜はキラキラと輝いており、その景色は実に人の気持ちを和ませる;歴史的遺産や優雅な昔の集落が見事に保存され、飾り気がなく深い味わいのある漁村の生活や善良な民俗の風情があり、更に加えてユニークで魅力溢れる水上レジャー活動、これらは遠く離れた都市が人々を次から次へと引き寄せている魅力の数々です。
澎湖縣觀光協會為提供國內外遊客來澎湖觀光旅遊資訊及延續四年台北舉辦「澎湖觀光行銷嘉年華」活動,今年擴大推廣行銷特別舉辦3場次於94年3月5~16日假台北微風廣場戶外廣場、94年3月19~30日假台中市新光三越百貨公司13樓暨94年4月16~24日高雄工商覽場續辦「2005澎湖觀光行銷嘉年華-情定戀人海豚灣」活動,懇請透過各位協助推廣報導,能使本次活動順利成功,謹此表示由衷的敬意與感謝。
澎湖県観光協会は国内外の旅客に澎湖島の観光情報を提供し、また2004年に引き続いて「澎湖喜びの歳月キャンペーン」を行うために、今年は更に次の3カ所で、すなわち民国94年3月5~16日軒間台北微風広場の戸外広場を借りて、また民国94年3月19~30日の間、台中市新光三越百貨店13階で、そして民国94年4月16~24日に渡って高雄工商エキジビション会場にて引き続き「2005澎湖観光喜びの歳月キャンペーンー私の恋人海豚湾」を繰り広げます。皆さんの協力で宣伝を推し進め、この活動をスムーズに事を進めて成功しますよう、ここに謹んで敬意と感謝を表します。

本次活動由交通部觀光局、澎湖縣政府、台灣電力公司指導,澎湖國家風景區管理處、澎湖縣政府觀光局、台灣電力公司尖山發電廠、共同主辦,澎湖縣觀光協會承辦;澎湖各界社團、機關、廠商協辦。計有澎湖地區業者團體等40餘家廠商參與展示,將集合澎湖豐富的觀光產業特色,跨海來台灣本島宣傳展示。

この活動は交通部観光局、澎湖県政府、(株)台湾電力の指導のもと,澎湖国家風景管理所、澎湖県聖句観光局、(株)台湾電力尖山発電所が共同主催し、澎湖県観光協会が業務の委託を受け、澎湖の各団体、機関、業者の協賛により行われています。その中には澎湖地区の業者団体など40あまりの業者が商品を出品展示が含まれます。まもなく澎湖の豊富な観光産業の特色が、海を越えて台湾本島で宣伝展示されます。
此次活動內容有旅遊諮詢、澎湖島嶼攝影展,傳統手工藝品、農漁特產品、雕塑創作品、地方美食品嚐、以及現場澎湖藝術家創作DIY教學、慈善義賣-一元競標搶好康等;開幕典禮辦理澎湖地方特產品嚐,同時當日購買500元即可參加抽獎,獎品包含澎湖旅遊機票、手工藝品、精美紀念品等,以促銷澎湖之遊憩資源吸引遊客來澎湖旅遊。竭誠歡迎各位共襄盛舉。
この活動の内容というと旅行情報、澎湖の島々の撮影展、伝統手工芸品、農漁特産品、彫刻・塑像品、地方の特産物の試食会、及び現場で澎湖島の芸術家によるDIY教室、チャリティ販売会・一元から始めるオークション等々オープニングのセレモニーでは澎湖島の特産品の試食が出来るだけでなく、当日お買いあげ500元以上の方はくじ引きに参加することが出来、その賞品の中には澎湖島旅行の航空チケットや手工芸品やきれいな記念品などがあり、澎湖島に旅客を引きつけている澎湖島の各種産物を、お安く提供しています。どうぞ皆さん、お出で下さい。

14.
澎管處推動水上活動辦理浮潛指導員訓練受理報名-最新消息
2005/3/1
澎湖四面環海,海底五彩繽紛珊瑚礁圍繞,擁有多采多姿的生態景觀,成為夏季遊客從事浮潛活動之天堂,澎管處為提昇澎湖地區浮潛指導人員素質,建立水域遊憩活動第一線人員技能,訂於94年3月16、17日2天「94年浮潛指導員訓練班」,將於即日起開始接受報名。
14.
澎湖は周りを海に囲まれ、海底には色とりどりの珊瑚礁が取り囲み、様々な姿形の生態景観が備わっているので、夏には海辺で潜ったり遊んだりする旅客にとっては正にパラダイスとなります。澎湖管理所は澎湖地区のライフセーバーの質を向上させるため、水域レジャー活動の最前線に立つ者の技能を築き上げる為、民国94年3月16,17日の二日間に渡り「94年ライフセーバー訓練講習」を取り決め、即日、講習会参加希望者を募集しました。

依「水域遊憩活動管理辦法」規定,僱用帶客從事浮潛活動者,應具備相關機關或經其認可之組織所舉辦之講習、訓練合格證明,每人每次以指導10人為限。爰此,澎管處為使本地業者具有符合此項技能規定,特與澎湖技術學院及澎湖潛水學會共同辦理本次浮潛指導員訓練活動,由澎湖技術學院海洋運動學系蘇焉教授擔任指導教練,課程包括基本知識、配備操作、入水法、水面浮潛、伴潛、救援法、學習測驗共計16小時,每位學員需全程參與,凡通過測試合格者發給結業證書,將來具有帶客從事浮潛活動合格證明。
「水域レジャー活動マニュアル」によると、水域レジャー活動に携わる業者はライフセーバーを置き、関係する機関、又はその機関の認可を受けた組織が行う講習をうけなければならず、訓練に合格した者の各人が一度に10人を限度として指導することが出来る合格証明書を備えなければならないとの規定があります。それで、澎湖管理所はこの地の業者がこの技能規定に合致し、取りわけ澎湖技術学院と澎湖潜水学会が共同し、澎湖技術学院海洋運動学科の蘇焉教授が指導を担当して行うこの度のライフセービング訓練活動により、基本知識、装備の扱い方、水に入る仕方、水面に浮かびながらの潜水、共に潜水する仕方、救援方法などを試験を含めて16時間履修し、訓練を受けるそれぞれが全ての過程に参加することが必要で,試験に合格するならば終了証書が発給され、まもなくスキューバダイビングの指導者合格証を得ることになります。
首次訓練對象為水域遊憩活動經營業者、觀光相關從業人員、一般民眾等若持有救生人員、急救人員證照或為水域遊憩活動從業人員者優先錄取。
この訓練の第一回目の対象となるのは、水域レジャー活動の営業者、観光業の従業員で、一般民衆の中でも、もしライフセーバー又は救急救命士などの資格を有している者或いは水域レジャー活動に携わる従業員は優先して受付します。
報名日期自即日起至3月11日止,報名費每人500元,參訓人員於3月16日(星期三)上午8時,假本處第一會議室舉行開訓典禮,訓練期間主辦單位為每人投保平安險新台幣200萬元。報名資格為:
(一)年滿16歲(男女不拘)以上,身體健全,無心臟病、高血壓等病狀者。
(二)具有400公尺以上游泳能力者(時間不限),或持合格有效救生人員證照。
報名簡章請至澎湖、南海、北海遊客服務中心索取或本處網站http://www.penghu-nsa.gov.tw逕行下載或洽澎管處管理課鄭光復,聯絡電話:(06)921-6521分機234。
報名表下載如下列網址:
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/man.doc
申し込みの日時は、本日から3月11日までで、申し込みの費用は500元です。訓練に参加する者は3月16日(水曜日)午前8時に澎湖管理所の第一会議室を用いて開会式を行います。訓練期間中は当局が一人に付き200万元の保険を負担します。申込者の資格は:
(一)満16才(男女とも)以上、身体健康、心臓病がなく、高血圧等の病状のない者。
(二)400メートル以上の水泳能力を持つ者(時間は制限無し)、又はライフセーバーの資格を持つ者。

申し込み要項はどうぞ澎湖、南海、北海旅客サービスセンターで入手するか当所ホームページhttp://www.penghu-nsa.gov.twにアクセスしてダウンロードすることが出来ます。
または、澎湖管理所管理課の鄭光復に御連絡下さい。電話番号:(6)921-6521
内線234.申込書は以下のアドレスでダウンロードできます:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/man.doc

15.
94年2月份會計月報資料-最新消息
2005/3/2
94年2月份會計月報資料
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/Acc9402.rar
15.
94年2月分会計月報資料-最新の情報
2005/3/2
94年2月分の会計月報資料
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/Acc9402.rar

16.
93年為民服務白皮書-最新消息
2005/3/2
國民所得提高及週休二日實施,民眾趨於重視休生活的充實,鑑於國民旅遊市場的需求日漸殷切,交通部觀光局乃於民國80年2月1日成立「澎湖風景特定區管理籌備處」,並於民國84年7月1日正式成立「澎湖國家風景區管理處」,積極推動澎湖地區觀光建設及經營管理業務,竭盡所能提昇民眾旅遊之服務品質及闢建多方位之休遊憩據點,以促澎湖觀光產業與經濟繁榮發展。

16.
93年度国民白書-最新情報
2005/3/2
国民所得が上がり、週休二日制が実施され、人々はゆとりのある生活を重視するようになっており、国民のレジャー市場に対する需要は日毎に切実なものとなっていることを考えて、交通部観光局は民国80年2月1日に「澎湖風景特定区管理準備所」を出発させ、また、民国84年7月1日に正式に「澎湖国家風景管理所」を設立させて、積極的に澎湖地区の観光基盤の整備や経営管理業務を行い、可能な限り旅行する人々に良質なサービスを提供し、・・・・・・・・・・のレジャーの拠点として、澎湖の観光産業と経済の繁栄や発展を促進しています。
成立迄今(93年)逾13年之銳意經營,行銷澎湖各旅遊勝景、文化不遺餘力,投注於硬體設施建設計完成遊客中心7處、遊艇上下岸服務設施10餘處、生態觀光或文物展覽館4處、風景據點遊憩區20餘處。軟體方面,有多媒體播放、義務解說訓練、宣傳摺頁、網頁、旅遊諮詢及清潔維護等事項,並連結各項網路新知訊供民眾查詢等多項貼心服務。
設立以来今日(93年)まで13年を超える期間にわたって鋭意努力し、澎湖のすばらしい景色や文化を全力を尽くして売り込み努力の結果の
此外,加強維護旅遊安全,妥善經營管理旅遊環境,提昇遊客服務滿意度;積極行銷澎湖觀光,提昇遊客到訪及重遊率;以及鼓勵民間企業團體參與澎湖地區之觀光建設,積極研擬促進民間投資方案,以期加速澎湖觀光事業之推動等,各項建設與服務措施,在於「以客為尊」的服務理念,「顧客導向」之思維,期提供遊客最舒適完善的旅遊環境,因應潮流所需,民眾所求。

本處全體員工以積極進取之心踴躍參與提昇為民服務各項業務,冀提供民眾完善之旅遊服務及溝通管道。配合「觀光客倍計畫-離島旅遊線計畫」,研訂「為民服務白皮書」,落實施政。期各界賢達不吝指導,據為本處爾後目標釐訂暨業務推展之參辦。
完整檔案下載如下網址:
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/sec.doc

17.
澎湖嘉年華觀光產業行銷活動-最新消息
2005/3/7
由本管理處及澎湖縣政府共同主辦,澎湖縣觀光協會承辦之「澎湖嘉年華觀光產業行銷活動」暨「從空中看澎湖」攝影展活動於本(3)月5~16日假台北微風廣場,19~31日移至台中新光三越百貨公司舉行,預定4月8~12日於高雄市三民公園擴大辦理,預期藉觀光產業行銷活動將吸引更多光旅遊人潮,促進澎湖觀光發展。

18.
澎管處辦理第六期解說員訓練-最新消息
2005/3/14
澎管處為提昇旅遊諮詢與解說服務水準,本年度賡續自本(3)月13日起至4月3日止,利用假日及夜間作為期7天之室內課程解說訓練,外加2天戶外教學;計有澎湖地區熱心解說服務工作83員參加受訓,經測驗合格後將持續以6個月時間實習後取得義務解說志工資格;本管理處將於觀光旅遊旺季假日分派一級古蹟天后宮及西與西台做定點解說服務。

19.
澎管處浮潛指導員訓練開訓...因報名參加爆滿再加一期訓練班-最新消息
2005/3/18
澎管處為積極推動水域遊憩活動,提昇浮潛指導人員素質,自昨(16)日上午8時30分起,辦理為期2天「94年度第1期浮潛指導員訓練」活動,學員32人參訓,學習水域遊憩活動第一線人員之基本帶領、救生等技能,期盼能保障遊客生命財產安全,減少旅遊意外事故發生。
本次訓練活動原本預定辦理一梯次30人次,但因報名相當踴躍計有74人報名,對象多為旅遊、觀光等從業人員及水域遊憩活動業者,為滿足業者需求澎管處特於本月22、23日賡續辦理第二梯次。

澎管處處長陳阿賓表示:澎湖四面環海,海底擁有五彩繽紛且饒富多樣化的美麗景觀,是喜好潛水、浮潛者的天堂。依「水域遊憩活動管理辦法」規定,僱用帶客從事浮潛活動者,應具備相關機關或經其認可之組織所舉辦之講習、訓練合格證明,每人每次以指導10人為限。爰此,澎管處為使本地業者具有此項技能規定,特舉辦本次訓練活動,建立浮潛指導員基本技能維護水域活動安全。陳處長並於開訓致詞時感謝學員熱誠的參與,期許學員共同努力,減少及預防旅遊意外事故發生,以提昇本區的水域遊憩活動品質與活動安全。

該訓練活動由澎湖國家風景區管理處、國立澎湖技術學院及潛水協會共同辦理,訓練課程由澎湖技術學院海洋運動學系蘇焉教授擔任執行教練,指導教練有國立澎湖技術學院吳政隆、戴堯種、黃仲凌、澎湖潛水會鄭正綱、馬公潛水會顏家瑞等,課程包括基本知識、配備操作、入水法、水面浮潛、伴潛、救援法,於山水海域實際操作,學員必須在二天的課程中通過測試合格者才發給結業證書,俾將來具備有帶客從事浮潛活動合格證明。

20.
2005澎湖海上花火節-熱門活動
2005/4/4
由澎管處、澎湖縣政府、澎湖縣議會所共同主辦的澎湖海上花火節,今年將提前擴大辦理,由四月九日起至六月十八日止為期兩個半月,活動相關資訊查詢請至http://www.phhg.gov.tw/signup/flower/index.htm網站查詢。
活動地點:澎湖縣馬公市觀音亭休園區
活動日期:2005年4月9日至6月18日
活動內容:每二天施放一場煙火,共計36場,4/9、5/7、5/17、5/29及6/18/每晚九時準點連續一次施放,其他施放日期分上下兩時段,於晚間八時及九時準點施放。
主題花火秀:4/9  開幕秀、西瀛長虹之夜
5/7  菊島慈暉之夜
5/17 濱海花火音樂會
5/29 彩虹海戀人之夜
6/18 閉幕秀、澎湖灣之夜

21.
2005澎湖石滬祭-熱門活動
2005/4/4
2005澎湖石滬祭 邀你探索先人的生活智慧
隨著全球性休風潮的興起,國人對於旅遊的需求與渴望日益迫切。因此開拓嶄新的觀光旅遊產品,以吸引觀光客,已是各地政府機關開拓並發展觀光事業的主要課題。澎湖以擁有絕佳的天然景觀、豐富的海洋資源,長期以來即吸引許多國內外遊客到訪。而近年因澎湖保存了完整的歷史遺蹟、典雅古厝聚落,加上樸實幽幽的漁村生活及善良民俗風情、風味獨具美味的傳統小吃,讓人們逐漸發現澎湖的人文新魅力。
為發揚海洋文化並促進澎湖生態旅遊,由交通部觀光局、文建會輔導,澎湖國家風景區管理處主辦,澎湖采風學會、以及國立澎湖技術學院等協辦,共同推動「2005年澎湖石滬文化祭」觀光系列活動,把老祖宗傳承百年的生活智慧,透過旅遊套裝行程及觀光地圖的導覽,介紹給國內外遊客在造訪澎湖時的遊憩活動有了新的選擇。
「石滬」是澎湖重要漁業文化特色,澎湖由於群島羅列,海岸線曲折蜿蜒綿長,潮汐落差大,且擁有廣大的潮間帶,使得早期先民建立了利用潮差來捕魚的觀念。祖先們利用周邊的玄武岩與珊瑚礁,趁著每天退潮時在海邊堆砌石牆,用來捕魚,此即石滬的由來。時至今日,澎湖全縣石滬總數達五百多座,當中又以澎湖白沙的吉貝嶼,擁有八十八座石滬居冠。從澎湖上空俯看,一座座宛如心型項鍊的石滬,成了令人驚豔的地景藝術。而位於七美的「雙心石滬」,其雙心緊揪的躺在海濤中,意象豐富教人難忘,更被喻為是地球上最美的石滬,亦最為國際所知名。
澎管處配合吉貝石滬文化館的開館,將於4月30日將舉辨「2005年澎湖石滬祭」開鑼活動,活動中將邀請藝人表演,並舉辨開鑼儀式,其它尚有石滬捕撈體驗,澎湖美食嘉年華等。四月到十二月,澎湖將以「石滬」這美麗的地景藝術,及特殊的人文風情,讓旅客重新愛戀上澎湖的魅力!

22.
旅遊旺季到來澎管處呼籲業者加強旅遊安全維護-最新消息
2005/4/6
交通部觀光局澎湖國家風景區管理處籲請相關旅遊業者於旅遊旺季期間要求所屬遵守不違規、不超載、不超速之行車(船)安全;導引遊客從事各項水域遊憩活動時,對遊客之安全應做到維護、告知、管制等督導之責。同時不鼓勵、不引導遊客從事踏浪等具有破壞生態和危險活動,並加強對遊客環境教育,以提升旅遊品質、維護旅遊安全。

澎湖地區每年4月至10月為旅遊旺季,交通流量大,水域遊憩活動及交通安全意外事故頻率多。又預期受東南亞海嘯影響,今年將會加旅遊人潮,陳處長阿賓籲請各旅行社、遊覽車、遊艇及水域遊憩活動等旅遊相關業者於旅遊旺季期間加強注意行車(船)安全及水域遊憩活動之安全宣導,預防意外事件發生,並呼籲旅客來澎觀光應委託合法旅行社及合格領團解說人員導覽,以提供完善之旅遊服務,保障遊客安全與消費者本身權益。

23.
澎湖縣警察局成立「觀光警察隊」-最新消息
2005/4/7
為因應旅遊民眾對安全服務需求,提供旅遊民眾迅捷、便利之緊急性安全服務,澎湖縣警察局成立了「觀光警察隊」,為提昇澎湖地區觀光旅遊旺季解說服務與安全維護功能,本年度研擬結合澎湖縣警察局成立「觀光警察隊」,由保安隊長余鴻恩兼任隊長成員計24員,均具備英語解說能力,並擁有專屬制服及背章,將在參加本處年度自本(3)月13日起利用週六、日假期實施為期七天之解說員訓練後,於觀光旺季期間分配各觀光景點服務,發揮「觀光警政與旅遊安全」與國際化相輔相成之服務功能;該訓練活動於本(3)30日排定由本處陳處長主講「我國觀光政策及澎湖觀光發展策略」及有關澎湖自然生態與人文相關課程排定,觀光大使課程亦將列入授課重點,以全方位的課程講授必能使觀光警察提昇解說與服務功能。

24.
2005年SHIMANO盃磯釣選手權大會台灣區選手權甄選活動-最新消息
2005/4/8
為提倡國民正當休活動,推廣磯釣運動,由本管理處輔導,三司達企業股份有限公司及澎湖群島磯釣協會主辦之「2005年SHIMANO盃磯釣選手權大會」台灣區選手權甄選活動,競賽日期自94年4月16日至17日止,地點為澎湖縣外礁,報名辦法由全國各地釣具店推派選手參賽,藉由各精銳選手之參與,加強技術交流與環境生態保育維護觀念之推廣。

25.
澎管處統計今年第1季遊客人數與去年同期比較相對減少-最新消息
2005/4/11
澎管處統計今年第1季1至3月蒞臨澎湖的遊客人次,累計為24,224人次,相較於去(93)年同期累計之遊客人數26,565人次,減少2,341人次,減少幅度約為8.81%;分析下降原因,係因今年初春氣候相較往年寒冷,東北季風持續吹襲,加以台灣地區多處觀光景點出現難得一見雪景,吸引眾多遊客前往賞雪,顯示澎湖淡季遊客仍受地理環境和季風氣候影響甚大,淡旺季差距仍相當懸殊,淡季觀光行銷仍待努力。

澎管處陳阿賓處長表示,觀光業是21世紀最有潛力的明星產業,在全球化浪潮衝擊下,各國逐漸體認到本土民俗文化的重要性,將傳統文化、地方自然景觀資源及當地特色產業與休活動結合發展,提昇觀光產業產值。

為推動澎湖觀光產業持續發展,去年觀光單位與民間團體及業者通力合作積極推動各項觀光行銷活動,但由於受到地理環境和氣候影響,造成澎湖觀光旅遊的瓶頸。陳阿賓處長進一步表示,為解決澎湖的淡季觀光難題,澎管處已經委託澎湖技術學院完成菊島創意活動規劃,以風力、水域及節慶等3類具地方特色活動為主題。今年將首推以石滬為主題之「2005年澎湖石滬祭」觀光文化系列活動,冀整合獨特產業與住民文化、宗教廟宇習俗、海洋特色資源…等,串連旅遊景點,並以觀光客需求為導向、配套深度旅遊體驗及媒體行銷,期帶動遊客於淡季至澎湖旅遊觀光。

26.
94年4月份會計月報資料-最新消息
2005/4/12
94年4月份會計月報資料
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/9404Acc.rar

27.
澎管處辦理浮潛指導員訓練班結訓66人通過-最新消息
2005/4/13
由澎湖國家風景區管理處、澎湖技術學院共同辦理的「94年浮潛指導員(第1.2期)訓練班」,參訓學員歷經16小時之浮潛知識、技能教導,最後通過筆試、單項及綜合測驗成績合格並順利取得浮潛指導員結業證書共有66位。

澎管處長陳阿賓表示:本次訓練合格學員名單建置於本處網站供遊客作為選擇從事浮潛活動業者之參考;同時期勉參與訓練之旅遊、水域遊憩活動等相關業者將來從事帶客浮潛活動除銘記水域遊憩活動管理辦法所訂之規定及浮潛的各項技能外,並應不斷自我鍛鍊常保體能最佳狀態,以減少旅遊意外事故發生,提昇觀光遊憩品質,使澎湖成為遊客最想參加的浮潛天堂。
相關網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/leon/浮訓合格學員名單.doc

28.
香港TVS無線電視台抵澎考察取景,預定4月底來拍攝報導澎湖旅遊景點-最新消息
2005/4/20
由交通部觀光局香港辦事處與澎管處,安排邀請之香港TVS外景採訪小組先遣人員,一行蒞臨澎湖作連續3天旅遊節目拍攝前考察,澎管處為使採訪內容豐富多元,能將澎湖之美完善報導,全程安排交通及行程,把握行銷機會,使預定於4月27日至5月3日攝影工作團隊,能有計畫至澎湖拍攝觀光宣傳片於港澳地區播放。

澎管處陳處長阿賓表示:澎湖四面環海,海岸線綿長而富地形變化,海洋遊憩資源豐富而優異,可提供多樣化的觀光旅遊活動,但來澎觀光旅遊大多只侷限於台灣本島國人。台灣的國際旅遊市場中,港澳地區雖然地理位置距離台灣很近,但來台旅遊的人數並不多,對我們來說是一個具有開發潛力的市場,積極行銷與世界接軌,使外來遊客抵澎觀光旅遊,為管理處積極推動辦理事項之一。

此外澎管處積極推動2005澎湖石滬祭觀光文化系列活動,於4月22日起將有一連串活動,屆時由國Mr.hasan cobanli等2位媒體人士將來澎拍攝,澎管處亦將把握機會介紹,讓這種古老、獨特且擁有先人智慧的捕魚工法,推廣出去。

29.
2005澎湖石滬祭 四月三十日正式開鑼-最新消息
2005/4/26
為發揚澎湖特有的海洋文化並促進當地生態旅遊,由交通部觀光局、文建會輔導,澎湖國家風景區管理處、澎湖縣文化局、國立澎湖技術學院及澎湖采風文化學會等共同結合盛大推廣「2005澎湖石滬祭」,活動期間從4月至11月止。

澎管處為積極推廣「2005澎湖石滬祭」觀光文化活動,除已配合辦理吉貝石滬文化館的開館及石滬文化導覽人員的培訓外,即將於4月30日舉辨「2005年澎湖石滬祭」開鑼活動,內容包括揭幕儀式、石滬捕撈體驗、澎湖美食嘉年華及石滬修復示範等。更透過一系列的觀光文化活動:520「牽手滬雙心,情訂久久久」七美愛情島之旅、攝影作品徵件活動、旅遊套裝行程及觀光地圖的導覽,讓國內外遊客認識澎湖除了世界知名的沙灘美景、玄武岩及風帆船外,還有老祖宗250年傳承下來的石滬群,一同探索先人的捕魚智慧,品味最道地的人文風情。

「石滬」是澎湖重要海洋文化特色,時至今日,澎湖全縣石滬總數達五百多座,當中又以澎湖白沙鄉的吉貝嶼,擁有八十八座石滬居冠。澎湖國家風景區管理處處長陳阿賓表示:「澎湖的石滬是漁民開發出來的一種生態捕魚工法,具有獨特性、本土性、觀光性以及生態性與國際魅力,深具觀光發展潛力。」

本次活動不僅獲得澎湖縣政府、學術單位、地方政府及民間社團等大力支援,更獲得許多國內知名單位贊助認養,包括:燦星旅遊網、藍妹啤酒Blue Beer、I WIN、BENQ以及卡通頻道Cartoon Network熱情協辦。同時在今日記者會公開宣佈邀請知名動感歌手溫嵐擔任石滬祭活動大使,並出席開鑼與520情訂雙心等活動,與民眾同樂。相信在政府與民間充分合作下,更能讓造訪澎湖的遊客,充分享受澎湖各項美不勝收的自然與人文各項風光。

活動網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/tidal
詳細時間及活動地點請洽澎湖國家風景區管理處:電話:06-9216455。

30.
2005澎湖石滬祭 鑼鼓喧天慶開鑼-熱門活動
2005/4/30
如果說傳統認為擁有土地的人叫「田橋仔」,那在澎湖擁有「石滬」的人就是一種地位、權力、財富的象徵。歷經二百五十年無損的人工石滬,是澎湖最重要的漁業文化特色。為此,交通部觀光局澎湖國家風景區管理處於今年4~11月舉辦一系列2005澎湖石滬祭觀光活動,結合澎湖特有的石滬自然景觀與人文歷史文化,以深度探索的方式介紹推廣澎湖地區觀光產業發展。

澎湖全縣石滬總數達五百多座,當中又以澎湖白沙鄉的吉貝嶼,擁有八十八座石滬,而居全台之冠。為配合吉貝石滬文化館的開館,將於4月30日舉辦「2005年澎湖石滬祭」開鑼活動,由最愛石頭的知名藝人許效舜擔任活動主持人,出席嘉賓包括文建會主委陳其南、燦星旅遊網執行董事葉匡時及澎管處處長陳阿賓,並與石滬文化祭觀光大使動感歌手溫嵐,共同推動宣傳澎湖的觀光活動。

澎管處特別在文化祭活動期間透過一系列的觀光文化活動:520「牽手護雙心,情定九九九」七美愛情島之旅、攝影作品徵件活動、旅遊套裝行程及觀光地圖的導覽,讓國內外遊客認識澎湖除了世界知名的沙灘美景、玄武岩及風帆船外,還有老祖宗百年傳承下來的石滬群,一同探索先人的捕魚智慧,品味最道地的人文風情。

活動網址:http://www.penghu-nsa.gov.tw/tidal

31.中、
澎管處開辦水上救生人員訓練即日起歡迎踴躍報名-最新消息
2005/5/3
澎管處為因應水域遊憩活動推廣之需,積極培訓澎湖地區海域救生人才,將自94年5月17日起至5月23日止,辦理為期7天之「水上安全救生員訓練班」,歡迎旅遊、水域遊憩活動經營業者及民眾踴躍參加。

本次訓練活動由澎湖國家風景區管理處、中華民國紅十字會台灣省澎湖縣支會共同主辦,訓練課程由中華民國紅十字會選派具備水域安全救生專長之教練團人員擔任教練;受訓成績合格者由中華民國紅十字會頒發水上救生員及急救員證書。為善用救生人才和資源,經由此次培訓合格之救生人員,可以加入「中華民國紅十字會台灣省澎湖縣支會水上救生大隊」延伸培訓成果,強化本縣救援機制,實際提昇澎湖地區救援機能。

報名日期自即日起至5月13日止,參訓人員請於5月17日(星期2)上午8時整,至澎湖縣立游泳池報到實施游泳能力測驗,並於上午10點整舉行開訓典禮。訓練期間並投保平安險每人新台幣200萬元。報名資格為:
(一)年滿16歲(男女不拘)、身體健康、品端正、無不良嗜好之中華民國國民。
(二)報名時繳交公立醫院或衛生局體檢表正本1份。
(三)游泳能力:需於12分鐘內游完捷泳及蛙泳各100公尺、自選泳式200公尺共計400公尺及潛泳20公尺以上者。
(四)報名費:2000元(含受訓期間中餐、教材費)。

有意參加本次訓練人員,請逕洽中華民國紅十字會台灣省澎湖縣支會報名,地址:馬公市忠孝路1號3樓,聯絡人:總幹事顏有明,聯絡電話:(06)927-1069,傳真電話:(06)927-1069或澎管處管理課鄭光復,聯絡電話:(06)921-6521分機233。

澎湖南海之美
蠵龜的故鄉望安
大自然的天堂—望安
海洋包裹著
色如浪的草地
草地包裹著
沉靜離塵的古厝弄巷
當季風來時
萬里長浪 送來雪濤鳴岸
與龜鄉歸情
望安
動與靜 皆見風華

望安島舊名八罩島,顧名思義因有八個島嶼環伺。望安原稱「網垵」,由語音演化而來。
望安島北眺馬公、南望七美,為澎湖第四大島。島形狀似兔子,頭在南、尾在北,雙腳夾著潭門港,形狀十分有趣。島上地形南低北高,天台山為全島至高點,高53公尺,景致極佳。另有特產於澎湖群島的優良文石礦脈,色澤晶瑩潤透,相當珍貴。
斑駁古意的中社古厝,是澎湖地區保存相當完整的聚落之ㄧ,歲月的痕跡深植於傳統建築上。島上的天人菊隨風搖曳,充分展現海島植物耐風、耐旱的特色;仰天可見鳥類翱翔於藍天,俯瞰可見碧波蕩漾,及多樣化的海洋生物。
望安島擁有綿延數千公尺的潔淨沙灘、湛藍的海水清透沁涼,是夏日消暑的最佳去處,但因此區為蠵龜之重要生態保育區,所以每至蠵龜產卵季節(每年5月1日起至10月31日),嚴格禁止遊客於夜間8時至翌晨5時擅入保護區,讓永續的生態資源成為望安發展之重要瑰寶,更為蠵龜永遠的故鄉。
影劇望安
望安島旅遊導覽
7平方公里的小小島嶼上
潭門漁火、網垵夕照
追憶花宅的風華與滄桑
鴛鴦窟地、天台文石
追尋蠵龜的古老家鄉
旅人啊!
眷戀著沙鷗去處、斑剝牆垣
當夜空降臨
星子就要把小小島嶼 層層圍繞
1.蠵龜觀光保育中心
外觀以海龜為意象設計的蠵龜觀光保育中心,於民國91年啟用,佔地約3.8公頃,館內分為展示大廳、海鳥簡介區、蠵龜展示區、南海稀有生物區、龜與人的關係、南海旅遊展示區等6個展區,除提供遊客旅遊諮詢、引領遊客欣賞澎湖多樣的生態世界,並落實民眾保育觀念,讓蠵龜生態保育功能發揮的更淋漓盡致。
2.鯉魚山
布袋港遠眺對岸,可見形似臥鯉的鯉魚山。而由鯉魚山至鴛鴦窟沿岸,珊瑚裙礁綿延不絕,海岸風光壯麗,此區礫岩遍佈,為望安島上最佳的賞石區。鯉魚山曾發現近四千年細繩紋陶和素面紅灰陶史前文化遺址。
3.鴛鴦窟
鴛鴦窟地名由來,傳說早年因其附近有多處水潭常吸引鴛鴦棲息戲水,但目前仍待考證。鴛鴦窟地形樣貌多變,因有馬鞍山嶼作為屏障,地形極為隱蔽,於日據時代建有多處軍事的避難洞穴,遺跡目前多已坍陷,但仍有跡可循。
4.天台山
被譽為澎湖八景之一的天台山,標高53公尺,為望安島的制高點,為遠近馳名的望安文石產地。登頂可見環海無爭的南海諸島,於落日時分更可觀賞夕照餘暉。山頂之仙跡岩,據傳為呂洞賓所遺留的腳印。山的四周茵連綿,風吹草偃,頗具牧野風光。海崖壯觀的玄武奇岩與海蝕洞穴景觀氣勢宏偉。
仙跡岩
5.中社古厝
經歷百年光景的中社,舊名「花宅」 ,目前為臺灣保存完整的聚落之一,中社古厝建材風格以石老石古石、花磚、雕花紋飾為主,建材特色迥異於閩式風格。在此取景之電影—「桂花巷」 ,留下了屬於影迷們對望安共同的回憶。親身漫步於巷弄間,猶如走入時光長廊,斑剝的牆垣滿佈滄桑,彷彿看盡人世風華。
6.網垵口
網垵口位於潭門港南側的仙史宮前,為早期漁民牽罟的沙灘,因而得名。天然形成的弧形海灣,海水清,沙質細白而綿密,兩旁恣意生長的馬鞍藤、菟絲子為白淨的沙灘帶來無限生機,在此享受戲水弄潮之趣,令人流連忘返,夜晚星空璀璨與海灣漁火相映,景色美不勝收。

望安龜蹤
蠵龜的一生
望安 於蠵龜
是家 是依歸 是永恆容的懷抱
潮來潮往 浪靜濤返
沖不淡歸鄉延續新生命的執著
潔淨白沙 溫柔海風 暖和陽光
像母親輕拂著寶貝的手
呵護新生命發芽壯
期待一段全新的海洋探險 正式展開
蠵龜身份證
◆俗名︰石龜、龜或菜龜
◆特徵︰因主食海草及大型藻類,體內脂肪富含葉素,故而得名。其背甲最長可達125公分,最重逾230公斤。最易辨識的特徵為1對前額鱗,4對眼眶後鱗。
與蠵龜同屬保育類動物的玳瑁,二者長相十分相似,仔細看一看牠們有什麼不同﹖
蠵龜(Green turtle)
學名︰Chelonia mydas
一對前額鱗
四對眼眶後鱗
背甲呈橢圓形,鋸齒狀的下頜,成龜從淺棕色有大花斑至近色,最重可達230公斤,背甲最長可達125公分。

玳瑁(Hawksbill turtle)
學名︰Eretmochelys imbricata
二對前額鱗
背甲的盾片呈覆瓦狀排列,有個像似鷹嘴的口喙,成龜為橘色、棕色或黃色,可重達85公斤,背甲長95公分。
生存困境與保育
長成後的蠵龜除偶受鯊魚或兇猛海洋生物攻擊,幾乎無天敵,但人為因素所造成環境污染、破壞及漁撈意外捕捉等行為,而使海龜數量減少,瀕臨絕種。
為了保護瀕臨絕種的蠵龜,政府於民國84年將望安島6處蠵龜重要產卵沙灘,公告劃設為“澎湖縣望安島蠵龜產卵棲地保護區” ,並成立蠵龜觀光保育中心、蠵龜研究工作站、海龜救護收容工作站,藉以落實保育觀念,讓生態資源永續發展。
利用人造衛星的追蹤,讓我們對蠵龜的生活史有進一步了解。
蠵龜生態圖片由程一駿教授提供
蠵龜的生命週期
蠵龜廣泛分布於熱帶與亞熱帶的太平洋及印度洋,除產卵時回到出生時之沙灘棲地,終其一生在海中生活。3~4月間成熟的蠵龜會游於望安島近海交配,母龜於5~10月滿潮的夜晚上岸,用前肢挖出可容納身體大小的洞,再用後肢撥開挖出的沙,產下約100粒如乒乓球大小的卵後,再以前後肢撥土覆蓋卵窩。
經過約50天沙溫的孵化,小蠵龜會啄破蛋殼而出。孵化後3~7天稚龜爬出卵窩,循月光的導引奔向大海。剛出生的小龜在陸地上除了可能因蛇類及沙蟹等的攻擊而喪命,也會因人類照明的干擾而迷失方向;在海中除了海浪的考驗外,還有肉食性魚類的攻擊。
幼龜於海中以浮游藻類及附著其間小型生物為食,5年後背甲長成為20~30公分,此時則以近海的海草及大型藻類為食,行底棲生活,直至20~50年長成一般體長約為80~90公分的成龜,再回到出生地繁衍後代。
蛇類、蟹類、鳥類、肉食性魚類為蠵龜幼龜成長過程中重要的天敵。
母龜產卵後返回大海
蠵龜用前肢挖出可容納身體大小的洞準備產卵
母龜會分數次上岸產卵,大約有1-9窩卵,每窩約有100粒。
小海龜的性別取決於孵化期的第3~5週的平均沙溫,攝氏超過30.3℃為母龜,若低於攝氏28℃為公龜,介於上述二者之間雌雄比例為1︰1。
孵化後3~7天稚龜爬出卵窩,循月光的導引奔向大海,準備迎向生命中另一挑戰。


徜徉南海任我行
當深藍擁抱著蒼穹
再也分不出天與地
翠的明珠
見證了火石併發的剎那
那凝固成千古奇觀的
是人們的仰望
旅遊注意事項
1.每年4~10月為澎湖旅遊旺季,行前應先規劃食宿交通,以免影響旅遊興緻。
2.澎湖離島氣候較為炎熱乾燥,應備防曬用品及做好防護措施。
3.搭乘交通船應穿著救生衣,行經無人島嶼,勿離船上岸,避免破壞自然生態景觀。
4.進行水域活動應由有救生證照者隨行並遵守安全規定,以免發生意外。
5.請節約能源並珍惜生態資源。
交通指南
◆航空︰高雄機場有飛機分別直飛望安及七美嶼(→馬公),搭乘者應先以電話確定。
◆海運︰
1.澎湖縣公共車船管理處交通船恆安輪及民營光正輪:馬公→將軍澳嶼→望安潭門港(恆安輪→七美)。
2.民營安通號交通船:馬公← →桶盤←→虎井
3.民營交通遊樂船配合旅遊團體行程及時間航行桶盤、虎井、望安、七美,詳情請洽各遊艇公司。
4.聯絡電話:
天富航運股份有限公司06-9270558
正明渡船遊艇有限公司06-9277019
光正遊覽公司06-9991201
安通號06-9291066
宏洋遊艇育樂中心06-9270755
東北航運公司06-9262508
和平遊艇育樂中心039-781838
金東洋06-9260349
海安遊艇有限公司06-9262302
海馬遊艇交通公司06-9272456
望安鄉公所06-9991312
愛之旅育樂開發有限公司06-9266505
澎湖之美股份有限公司06-9269071
澎湖縣公共車船管理處恆安輪06-9270334
羅曼蒂克遊樂船06-9272364

◆南海離島陸上交通:桶盤、虎井、望安及七美島上有遊覽車及機車出租。
住宿資訊
◆望安:望安渡假中心 06-9991200
致仙屋海景民宿 06-9991413
望安民宿 06-9991222
◆七美:順天旅社 06-9971888
福鵬大飯店 06-9971043
奇海景民宿 06-9971232、06-9972035、06-9972034
南海群島自由行
望安遊
潭門港→蠵龜保育中心→鯉魚山→鴛鴦窟→水垵宮→天台山→中社古厝→網垵口。
七美遊
南滬港→七美人塚→望夫石→魚月鯉灣→大獅→牛母坪→頂隙→雙心石滬→九孔生態園區→西濱海岸。

海鳥樂園》貓嶼
大、小貓嶼因形如兩隻臥貓而得名,為台灣第一處公告的海鳥保護區,曾紀錄鳥類53種。由火山角礫岩構成的島嶼四周懸崖峭壁,不易受到干擾,每年3-9月吸引上萬隻以白眉燕鷗與玄燕鷗為主的海鳥來此繁殖,鳥類群集棲息,或盤旋飛鳴,相當壯觀。
貓嶼海鳥保護區
大小貓嶼
玄燕鷗
美麗之島》七美嶼
七美是澎湖群島最南方的島嶼,傳說明初七位女子擔心受倭寇所辱而投井以保清譽,後人填井為墓,七美人靈魂遂化身7株香楸樹,長年翠。島上著名景點有七美燈塔、望夫石、魚月鯉灣、大獅風景區、牛姆坪、小台灣、頂隙風景區等,其中原始捕魚設施「雙心石滬」 ,滿潮時,於藍色粼粼水波中雙心交疊,令人讚嘆。近年來九孔養殖業發展生態產業園區,夏季的九孔美食節等活動,除了讓遊客品嚐美味,也揭開了七美九孔養殖產業之秘辛。
雙心石滬
七美人塚
牛姆坪小台灣
魚月鯉港
九孔養殖
龍埕海岸海蝕地質景觀
七美分岔仔造型奇特

暗中的明燈》花嶼
花嶼為台灣最西端的島嶼。澎湖群島的地質多以玄武岩為主,而花嶼則由安山岩質火成岩所構成,為澎湖群島中最老的地質。島上的燈塔,光照達10海浬,迷人的燈光於夜空放出光芒,並導引船隻正確的方向。
白眉燕鷗
花嶼燈塔
花嶼夫妻岩
鬼斧神工》桶盤嶼、虎井嶼
要欣賞澎湖柱狀玄武岩景觀,絕不能錯過位於望安島北方的桶盤嶼,節理嶙峋壯觀的玄武岩石柱,羅列環抱全島。沿著玄武岩小徑拾階而下,可尋訪島上另一勝景,由熔漿湧出凝固形成的同心圓—蓮花座。
虎井嶼東岸海底除了可供潛水,傳說中的「虎井沉城」及日軍攻打珍珠港的「南進指揮所」 ,為本島添神秘面紗。從碼頭上岸後,向右行可抵西山遊憩區,可勝覽海景及遠眺桶盤嶼。
桶盤玄武岩地質景觀
桶盤玄武岩十分壯觀
蓮花座地質景觀
虎井嶼玄武岩景觀
鳥瞰虎井嶼
漁火點點》將軍澳嶼
將軍澳嶼面積雖然僅為望安島的五分之ㄧ,但熱鬧繁華有「小香港」之稱。島的東側矗立一座30公尺高的船帆狀巨石,於退潮時分更能感受其壯闊。
退潮後的將軍澳嶼船帆石
》其他離島
南海諸島尚有許多人煙罕至的島嶼,包含有東、西嶼坪嶼,東、西吉嶼及鋤頭嶼等島嶼,因交通不便,依然保有原始自然風貌,碧海藍天渾然天成的自然美景、靜謐的傳統古厝、多采多姿的生態資源,都是不可多得的重要寶藏。
東吉嶼漁港
東吉嶼遠眺鋤頭嶼

交通部觀光局澎湖國家風景區管理處
地址:澎湖縣馬公市光華里171號
電話:(06)921-6521
遊客申訴專線:(06)921-6600
網址:www.penghu-nsa.gov.tw
旅遊資訊服務

.馬公機場旅遊服務中心 (06)922-9127
.澎湖遊客中心 (06)921-6445. (06)921-6521轉251
.澎湖觀光產業推廣中心 (06)921-8692
.南海遊客中心 (06)926-4738
.北海遊客中心 (06)993-3082
.後寮遊客中心 (06)993-3437
.漁翁島遊客中心 (06)998-2916
.小門地質館 (06)998-2988
.吉貝遊客中心 (06)991-1487
.望安蠵龜觀光保育中心 (06)999-1368

七美望夫石
地圖補字
西埔
山腳仔
頂隙
古合
頂茄埕
山頂
東崎頂
南滬港
九孔生態園區
七美機場
布袋港

大地的雕塑 澎湖小門嶼
▲池西岩瀑狀玄武岩
▲鯨魚洞附近的漁翁島層地形
交通部觀光局澎湖國家風景區管理處
地址:澎湖縣馬公市光華里171號
電話:(06)921-6521
遊客申訴專線:(06)921-6600
網址:www.penghu-nsa.gov.tw
旅遊資訊服務
.馬公機場旅遊服務中心 TEL: (06)922-9127
.澎湖遊客服務中心 TEL:(06)921-6445 (06)921-6521轉251
.澎湖觀光產業推廣中心 TEL:(06)921-8692
.南海遊客中心  TEL:(06)926-4738
.北海遊客中心  TEL:(06)993-3082
.後寮遊客中心  TEL:(06)993-3437
.漁翁島遊客中心  TEL:(06)998-2916
.小門地質館  TEL:(06)998-2988
.吉貝遊客中心  TEL:(06)991-1487
.澎湖望安蠵龜觀光保育中心 TEL:(06)999-1368
地理環境
地理位置
小門嶼位於西嶼北端,兩島本相連,受海蝕作用而分離,中間隔著約200公尺的水道,現以拱橋相通,對外交通十分便捷。本嶼面積僅有0.5平方公里,地質地形景觀卻是澎湖群島的縮影。
▲小門嶼地理位置圖
▼小門嶼的玄武岩熔岩地層
島名由來
小門嶼舊名「
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。