台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう)情報

台湾の南の小島・澎湖島の自然や文化・人情・イベント・見どころなどを現地からリポートします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暫くの間お茶の間の話題を独占していた純愛ドラマの舞台にもなったのが吉貝島です。このHPの1ページにある白い舌のような砂浜がこの吉貝島です。この砂浜自体は珊瑚の細かく砕けたものからできているので、他の砂浜のように波が押し寄せると海底の砂を巻き上げて、波打ち際が濁ると言うようなことはありません。この水域の高い透明度の秘密はこの珊瑚礁にあります。そしてこの天与の賜物を心ゆくまで楽しめるように各設備が整えられています。夜には都会では決して見ることの出来ない満天の星と押し寄せる波の音が、ロマンチックな風情を演出してくれます。うれしいことに、島には伝統的な漁法で知られる石滬という設備が80あまり残っており、引き潮になれば、思わぬ獲物に出会えるかも知れません。また、島内には防風のために珊瑚を用いた石壁が築かれており、その実用性と見事な造形美に感動を覚えずにはいられません。


20041230204232.jpgimg2.jpgimg13.jpg


この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。http://kittynet.jp/taiwan.html20050201005016.jpg

この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。

20050201032217.jpg


この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。

七美嶼
七美は澎湖の最南端にある島です。七美という名は、ある哀しい伝説に由来しています。明国時代に海賊がこの島を席巻し、当時7名の女子が屈辱を受けるくらいなら死んだ方がよいと身を井戸に投じたのです。住民は後に井戸を埋めて墓としました。そして、墓の上から7株の香楸樹が出てきたと言います。ここはその7名の婦女を記念し、「七美人塚」と呼ばれるようになりました。島にはいくつもの独特な景観を誇る観光スポットがあり多くの人を引きつけています。

20041231011719.jpgimg12.jpg


この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。http://kittynet.jp/taiwan.html

七美島は変化に富んだ地形で知られています。月の世界と名付けられた荒涼とした場所もあれば、一面の緑に覆われたところもあります。とりわけ多くの人を引きつけるのは海岸線の織りなす変化に富んだ地形です。

20050201004607.jpg

この写真は世界の旅からの作者のご厚意でお借りしています。

この島をとりわけ有名にしているのは「雙心石滬」と言われる建造物です。これは玄武岩とサンゴ礁で築いた伝統的な海底石垣ですが、青い海の中にあるそれは人工的な匂いをいささかも感じさせません。元々これは潮の干満を利用した古来の漁法で用いられた施設ですが、現在は使用されていません。2個のハート形をしていることから、この名が付きました。ここはまた先端に位置することから、日の出観賞にも最適なスポットともなっています。

20050201035257.jpg



島の最南端には1人の妊婦のように見える「望夫石」があります。

20050201040202.jpg

この写真は澎湖島観光局のhpからの借り物です。m(__)m


東南には大獅風景区があり、石獅子と龍の形をした海蝕台地があります。大自然の景観が連なる様子には、感嘆の声をあげずにはいられません。

20050201040854.jpgimg6231.gif


この写真は澎湖島観光局のhpからの借り物です。m(__)m夏になったら自分で行って撮ってきます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
吉貝島へのアクセスについて

甘さん、はじめまして。

わたしは8月中旬に台湾旅行を検討しており、
いろいろ調べる中でこのサイトを拝見させて頂きました。
きれいで静かなビーチでのんびりしたいと思っており、
澎湖島は素晴らしく映ります。

よろしければ、いくつか澎湖島について教えて頂けますか。

吉貝島は澎湖島からどのようにアクセスできるのでしょうか。
また、吉貝島には宿泊可能でしょうか、それとも日帰りで
遊ぶ場所なのでしょうか。
海水浴やシュノーケリングなどを楽しめたら最高です!

澎湖島はきっと人気の島なのかと思いますが、
8月中旬(13-15日くらい)に訪れた場合、
人でごった返して落ち着かない・騒がしい時期でしょうか。
それとも、十分に落ち着いて堪能できますでしょうか。
また、週末と平日の混み具合の差などについても、
教えて頂けましたら幸いです。

いろいろとお聞きして申し訳ありませんが、
ご教授を頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

つるき
2005/07/29(金) 11:58:12 | つるき | #-[ 編集]
Re:吉貝島へのアクセス
甘さん

ご親切なコメント、どうもありがとうございました。
頂きましたインプット情報を活用して、よい旅行スケジュールを
検討していきたいと思います。

どうも有り難う御座いました。


2005/08/01(月) 23:17:31 | つるき | #-[ 編集]
はじめまして。
7月か9月に友達と二人で澎湖に行こうと思っています。
ツアーどころか日本ではあまり知られていない澎湖。
情報が少なく困っていました。

シュノーケリングとちょっとした観光、
そしてできれば美味しい食事にありつけたらなーと考えています。
どこかお勧めの場所はないでしょうか。
独断で結構ですので是非アドバイス下さい。
宜しくお願いします。

それと日本語しか話せなくても楽しめるかどうかとても不安です。友達は少し英語が話せるのですが・・・。
2006/05/31(水) 01:20:06 | あこあこ | #hELSAn2s[ 編集]
七美島と吉貝島とで迷っています。
9月末から10月頭にかけて台北と離島に旅行する予定です。
離島には3泊4日を予定しているのですが、一泊馬公に泊まり(日本で手配)
その後2泊七美島か吉貝島でのんびりしまくろうと思っております。
あまり情報がなく、どちらの島にするか決めかねています。
当方はシュノーケリングを趣味としており、バイクで島を回りながら
気になるポイントがあったら海に入る、というのを繰り返して2日なり3日なりを
過ごす事が目的です。
ポンフー旅行を思い立った日にこのウェブサイトをみつけました。
何かアドバイス頂けたらとても嬉しいです。
2007/09/05(水) 22:01:12 | うさいさん | #jgJNn0FY[ 編集]
七美島と吉貝島
規模やスケールから言ったら七美ですが、それでもバイクで2~3日などという規模ではありません。一日もあれば周り尽くすことが出来ます。地形が変化に富んでいて、澎湖に来たら是非言ってみたい所ですが、高速艇でも1時間かかります。風が出て海が荒れたら欠航です。それに対して、吉貝は20分もあれば行けますし、欠航などは滅多にありません。水中活動のメッカとしてシュノーケリングなどに適しています。舌の先のような砂浜は珊瑚のかけらで出来ています。まぁ無難な所で吉貝が良いかも知れません。
2007/09/05(水) 23:13:13 | 甘ちゃん | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/16(日) 19:18:30 | | #[ 編集]
望安島を歩いてみたい。
この12月中旬に、澎湖島に行く予定です。松山空港の朝便で馬公に飛んで、街中を見物しながらメインは望安島の散策をしたいです。2泊3日の日程ですが、ホテルは馬公滞在でいいでしょうか。望安島で泊まれますか。望安島では廟や村などを、1日中歩いてみたいと思います。いいアドバイスをお願いします。
2010/08/23(月) 14:08:10 | 哲さん | #-[ 編集]
行き方について
こんにちわ。

7月10(火)に、宿泊場所のペンフーの中央街付近から
七美まで、いきたいのですが、

どうやって行けばよろしいのでしょうか?
2012/06/18(月) 08:58:46 | ひめ | #-[ 編集]
re:行き方について
宿泊施設で澎湖島の地図を手に入れる事が出来ると思いますが、中央街から七美に行く船着き場(南海旅客中心)までは、歩いて15分くらいです。大抵の事は宿泊所で何とかしてくれると思います。良い所ですよ。楽しんできて下さい。七美では、観光バスよりもバイクのレンタルの方が賢いですよ。澎湖島以外では翻訳文の携帯は必要ありません。免許の有無も確かめず貸してくれます。日本で練習してから行くと良いですね。
2012/06/18(月) 17:26:17 | 甘ちゃん@台湾 | #-[ 編集]
こんにちは
私は台湾人で、今澎湖で働いています、
旅行者のサービスセンターで、または
澎湖についての観光地の名前やその紹介を翻訳しています

温泉がほしいって面白いですねww
私もそうと思います(笑

もしよかったら、連絡していただけませんか


2012/07/05(木) 10:52:02 | ハン | #-[ 編集]
RE:私は台湾人で、今澎湖で働いています
暇があったら学校にでも遊びに来て下さい。URLとアドレスは生きていますので必要なら連絡して下さい。
2012/07/07(土) 23:14:53 | 甘ちゃん@台湾 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genanzhi.blog2.fc2.com/tb.php/10-a5c314c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。